Sony Ericsson “NOZOMI”(SO-02D?)のスペック(一部)、”NOZOMI”はminiUIM(マイクロSIM)を採用

投稿日時 8月 9th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

 

Sony EricssonがNTTドコモ向けに開発を進めていると噂のコードネーム”NOZOMI”について、匿名希望さんから得ている一部のスペックなどを紹介します。

まず製品名とドコモ型名の情報は今のところありませんが、年内までにNTTドコモから発売が予定されているSony Ericsson端末はXperia PLAY SO-01Dと”NOZOMI”だけと聞いているので普通に考えて「SO-02D」になると思われます。

次に解像度。”NOZOMI”の解像度はリークされたスクリーンショットから予想されているとおり1,280×720ピクセル(HD)。HDディスプレイを次世代機で採用するメーカーは多数存在する中、”NOZOMI”のディスプレイサイズはは4.3インチとのこと。

そして搭載するOSバージョンですが、今のところIce Cream SanwichではなくAndroid 2.3(Gingerbread)とのこと。RAMサイズは1GB、おサイフケータイやワンセグには対応しないそうなので、グローバル端末をベースとした機種と思われます。国内における発売は今のところ11月頭に予定されているそうです。もし、グローバル端末をベースとしたものであれば、NTTドコモの発表会前にSony Ericssonが正式発表すると思います。NTTドコモの冬の新商品発表会は9月上旬に予定されていると聞いているので、8月中に発表されるかもしれませんね。

NTTドコモの冬モデルでは10機種以上がminiUIMを採用しているそうですが、”NOZOMI”もminiUIMを採用した機種とのこと。
  • 開発コード:NOZOMI
  • OS:Android 2.3(Gingerbread)
  • ディスプレイ:4.3インチ、1,280×720ピクセル(HD)
  • RAM:1GB
  • UIMタイプ:miniUIM(マイクロSIM)
  • Xi(LTE)には非対応
  • おサイフケータイ・ワンセグには非対応
  • 32GBのマイクロSDHCカード付属
  • 発売時期:2011年11月
 

 

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5