シャープ、HDディスプレイ・デュアルコアCPU搭載「SH-01D」と10キー搭載防水スライド型の「SH-02D(仮)」をNTTドコモ2011年冬モデルで投入予定という噂

投稿日時 8月 17th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



シャープがNTTドコモの2011年冬モデルとして投入予定のスマートフォンについて、匿名希望さんより得た情報を紹介します

シャープは年内にHDディスプレイとデュアルコアCPUを搭載したハイスペック3Dスマートフォン「SH-01D(仮)」と、スライド10キー搭載の防水スマートフォン「SH-02D(仮)を投入する予定とのこと。

「SH-01D」は6月中旬に紹介した端末。ディスプレイサイズは4.5インチ、解像度は1,280×720ピクセル(HD)、SoCはTI OMAP 4 デュアルコア、1GBのRAM、2GBのROM、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信に対応。OSはAndroid 2.3.x(Ginerbread)。この機種は3Dに対応することから、AQUOS PHONE SH-12Cの後継になる思われます。

「SH-02D」はKDDIのIS11SHをベースに防水性を持たせた端末のようです。ディスプレイサイズは3.7インチ、解像度は960×540ピクセル(qHD)、RAMは512MB、ROMは2GB。おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信に対応。OSはAndroid 2.3.x(Gingerbread)。ドコモminiUIM対応とのこと。どうやら「SH-01D」がNTTドコモ初の10キーモデルとなりそうです。

シャープは2012年春モデルとしてHDディスプレイ搭載したIce Cream Sandwich端末を投入する予定らしい。

情報はあくまで噂レベルでお願いします。

Thank you!匿名希望さん

 

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5