IFA 2011:Sony Ericsson、1.4GHz Snapdragon搭載「Xperia arc S」を発表、10月より発売(更新:プロモ動画を追加)

投稿日時 9月 1st, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Sony Ericssonは8月31日、IFA 2011に先立ちSonyが開催したプレスイベントでXperia arcのリフレッシュ版「Xperia arc S(LT18i/a、”Ayame”)」を発表しました。Xperia arc sはグローバルモデルで今年10月よりSony Ericssonが選択した地域において発売されます。

Xperia arc Sの発表に関するプレスリリースはまだ出ていないのでフルスペックを確認することはできませんが、Xperia arcをベースにシングルコア1.4GHzのSnapdragonにアップグレードされたほか、今年10月より2011年モデルのXperiaスマートフォンに配信予定のAndroid 2.3.4を搭載した最新バージョンのソフトウェアを搭載して発売されます。このソフトウェアでは、「3Dスイープパノラマ」機能を利用でき、パノラマ写真を撮影できるほか3D写真を生成することも可能できます。

更新1:製品ページが公開されました。Xperia arcとの違いはCPUクロック、標準搭載されるソフトウェア、カラバリが大きな違いです。Xperia arc SではMidnight Black、Misty Silver、Gloss Black、Sakura Pink、Pure Whiteの5色展開。スペックは以下のとおり。


  • OS:Android 2.3.4(Gingerbread)
  • サイズ:125 × 63 × 8.7 mm
  • 重さ:約117g
  • ディスプレイサイズ:4.2インチ、解像度854×480(FWVGA)
  • ディスプレイ:TFT LCD、16,777,21色、モバイルBRAVIAエンジン、クリアブラックパネル、マルチタッチ
  • チップセット:Qualcomm  MSM8255 1.4GHz
  • メモリ:512MB
  • ストレージ:1GB(アプリ領域320MB)
  • マイクロSD:32GBまで対応
  • リアカメラ:810万画素「Exmor R」CMOS、、3D sweep panorama、720p HD@30fps Video Recording
  • フロントカメラ:非搭載
  • 対応周波数LT18a:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(800/1900/2100MHz)
  • 対応周波数LT18i:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(900/2100MHz)
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロHDMI、マイクロUSB
  • センサー類:Gセンサー、デジタルコンパス、近接センサー、ライトセンサー、GPS/A-GPS対応
  • バッテリー:1,500mAh
  • 機能など:DLNA、ANT+
  • カラー:Midnight Black、Misty Silver、Gloss Black、Sakura Pink、Pure White
Source:  EngadgetSony Ericssonホワイトペーパー

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5