ソフトバンク、”LUMIX”ブランドのAndroidスマートフォン「LUMIX Phone 101P」を発表

投稿日時 9月 29th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ソフトバンクモバイルは9月29日、2011年秋冬モデルのスマートフォンとして、”LUMIX”ブランドを冠したパナソニックモバイル製のAndroidスマートフォン「LUMIX Phone SoftBank 101P」を発表しました。発売時期は2011年11月中旬以降。

LUMIX Phone 101Pは、Android 2.3(Gingerbread)、4インチqHD(960×540ピクセル)サイズの液晶ディスプレイ、TI OMAP 4430デュアルコア1GHzプロセッサーを搭載した端末。ソフトバンクの「ULTRA SPEED」の下り最大21MbpsのHSPA+サービスにも対応しています。本体の厚さは約9.8mmと薄型ながらも、おサイフケータイ/赤外線通信/ワンセグなど定番機能のほか、IPX5/IPX7相当の防水性能も備えています。カラーはメロウゴールド、ブラック、マゼンタの3色。

カメラは背面に1,320万画素CMOS(AF、フラッシュ付)を搭載。パナソニックの高画質技術「Mobile VenusEngine」により、風景を色鮮やかに撮影可能と言われています。カメラでは1080pフルHDサイズまでの動画撮影が可能です。

通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、GSM/WCDMA(1.5GHz/2.1GHz)。

3G(WCDMA)でのスタンバイ時間は約380時間、連続通話時間は約360分。本体サイズは123mm×64mm×9.8mm、質量は約128g、

  • OS:Android 2.3(Gingerbread)
  • UI:-
  • サイズ:123mm×64mm×9.8mm、約128g
  • ディスプレイ:4インチ、解像度960×540(qHD)、TFT LCD、静電容量マルチタッチ、6万5千色
  • チップセット:TI OMAP4430 デュアルコア1GHz
  • GPU:PowerVR SGX540
  • メモリ:RAM -、ROM -
  • 外部メモリ:microSD/microSDHC(最大32GB)
  • リアカメラ:1,320万画素CMOS、AF、フラッシュ、Mobile VenusEngine、1080pフルHD動画撮影可能
  • フロントカメラ:-
  • 対応周波数:GSM(900/1800/1900)、WCDMA(1500/2100)
  • データ通信:HSPA+(下り最大21Mbps/上り最大5.76Mbps)
  • 通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
  • 外部端子類:-
  • センサー類:-
  • バッテリー:スタンバイ時間約380時間、連続通話時間約360分
  • おサイフケータイ:○
  • ワンセグ:○
  • 赤外線通信:○
  • 世界対応ケータイ:○
  • 防水・防塵:○(IPX5/IPX7相当の防水)
  • S!メール:○
  • ULTRA SPEED:○(下り最大21Mbps)
  • 緊急地震速報:○(アップデート後)
  • Flash:○(10.1以降)
  • 災害・避難情報:○
  • カラー:メロウゴールド、ブラック、マゼンタ
  • 発売時期:2011年11月中旬

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5