東芝、世界最薄7.7mmのAndroid 3.2搭載10.1インチ型タブレット「REGZA Tablet AT700」を12月中旬より国内発売

投稿日時 10月 3rd, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



東芝は10月3日、厚さ7.7mm世界最薄タブレット「REGZA Tablet AT700 35D/PA70035DNAS」を国内発売すると発表しました。AT700は、東芝がIFA2011で発表したAT200の国内版です。発売時期は今年12月中旬で、価格はオープン。

REGZA Tablet AT700は、Android 3.2(Honeycob)、10.1インチ(解像度1,280×800ピクセル、WXGA)サイズのLED液晶ディスプレイ、TI OMAP 4430 1.2GHz(デュアルコア)を搭載し、厚さ7.7mm、重さ558gと、他の10.1インチタブレットよりもスリムで軽量なボディが特徴の端末。

AT700には、低解像度の映像を高精細にする「レゾリューションプラス」や、輝度を周辺環境に合わせて自動調節する「アダプティブディスプレイ」といった東芝のディスプレイ技術、より原音に近い音質を表現する「Audio Enhancer」や、周りがうるさい状況でも音を聞き取りやすくする「Noise Equalizer」といった東芝の音響技術が採用されています。

1GBのRAM、32GBの内蔵ストレージを搭載。マイクロSD/マイクロSDHCカードで容量を拡張することも可能。カメラは背面500万画素CMOSと前面200万画素CMOSを搭載。外部端子はUSB端子、マイクロHDMI出力端子、マイクロSDカードスロット、3.5mmオーディオジャックを搭載、ステレオスピーカー、マイクも搭載しています。通信機能はWi-FiとBluetoothのみで3G機能には非対応。Wi-FiはIEEE802.11 b/g/n、Bluetoothはv2.1+EDRに対応。連続動画再生時間は約7時間。本体サイズは256.0mm×176.0m×7.7mm。

REGZATablet AT700に「レグザAppコネクト」の「RZライブ」をインストールすることで、「レグザリンク・シェア」対応の「レグザブルーレイ」で受信中のテレビ番組を、「RZプレイヤー」をインストールすることで、「レグザリンク・シェア」対応の「レグザブルーレイ」の録画番組を無線LAN経由で視聴することができます。その他、AT700には、東芝のレグザタブレット活用応援サイト「東芝プレイス」のアプリがプリインストールされています。

Source : 東芝

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5