「LG-LU8300」、「GT-N7000」、「SHV-E160S」がGL Benchamarkサイトに登場

投稿日時 10月 10th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

GLBenchmarkの公式サイトにSnapdragonを搭載したLG Optimus Pad「LG-LU830」、WXGA解像度のディスプレイを搭載するSamsungのスマートフォン「GT-N7000」、LTE対応のSamsung Galaxy Noteと思われる「SHV-E160S」の情報が登録されています。

まず1つ目、「LG-LU8300」。「Build.VERSION」はAndroid 3.2.1、「Build.USER」は”Optimus Pad”と表示されているので、LGの8.9インチOptmus Padと予想されますが、「Build.BOARD」は”MSM8660_SURF”、「GL_RENDERER」は”Adreno 220(TM)”と表示されていることから、SoCはTegra 2ではなくSnapdragon S3を搭載すると考えられます。解像度は1,280×720。「LG-LU8300」というモデル名から韓国LG U+向け端末と考えられます。Snapdragon S3の変更したところを見ると、LTEに対応させているのかもしれません。



2つ目は「GT-N7000」。既にBluetooth SIGやWi-Fi- Alliance、NenaMarkの公式サイトに情報が出ています。それらの情報から、WXGA解像度のディスプレイ、Samsung Exynos 1.4GHz、Gignerbreadを搭載するスマートフォンと見られています。GL Benchmarkに登録されている情報を見る限り、上記スペックと同じのようです。このような端末は、Samsungが最近発表したGalaxy Note(GT-I9220)が該当しますが、今回の端末では「GT-N7000」というGalaxy Noteとは異なる別のモデル名が使用されていることから、何なのかが分かっていません。



最後は「SHV-E160S」。モデル名から韓国SKテレコム向けのLTE対応端末と考えられます。「Build.VERSION」はAndroid 2.3.5、「Build.BOARD」は”MSM8660_SURF”、「GL_RENDERER」は”Adreno 220(TM)”、解像度は1,280×800と表示されていることから、WXGA解像度のディスプレイとSnapdragon S3を搭載したLTEスマートフォンであるはず。このような端末は、Galaxy S II HD LTEが挙げられるのですが、Galaxy S II HD LTEはは「SHV-E120S」なので違う。Samsungは11月にもLTE対応版のGalaxy Noteを韓国で発売すると表明していたことから、「SHV-E160S」はGalaxy Noteのことだと予想されます。Galaxy NoteのSoCはSamsung Exynosですが、LTEに対応するためにSnapdragn S3に変更したのではないかと思います。



Source : GL Benchmark(LG-LU8300)、(GT-N7000)、(SHV-E160S)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5