Google、Galaxy Nexus GT-I9250を工場出荷時の状態に戻すためのイメージファイルを公開

投稿日時 12月 2nd, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。


GoogleがGSM/HSPA+版Galaxy Nexus(GT-I9250)を工場出荷時の状態に戻すためのファイルを公開しました。※Galaxy Nexus SC-04D用ではありません。

公開されたtgzファイルには、システムイメージ、ブートローダー、ベースバンドファームが含まれています。ダウンロードはこちらから。


実際に試してはいませんが、工場出荷時の状態に戻す手順を紹介します。※操作を行うと/sdcard配下のデータもクリアされます。

Linxu、Macの場合

1. Galaxy Nexusの電源を切る。

2. Galaxy Nexusをボリュームアップ+ダウンを押しながら、Powerボタンを押して起動する。1枚目の写真の画面が表示されます。

3. パソコンと接続。※FastbootにPATHが通っている必要があります。

4. flash-all.shを実行。以上で完了。

Windowsの場合

公開されたtgzファイルの中にバッチファイルが含まれていなかったので、Windowsの場合はファイルごとにfastbootコマンドを使って書き換える必要があります。以下がその手順です。

1. Galaxy Nexusの電源を切る。

2. Galaxy Nexusをボリュームアップ+ダウンを押しながら、Powerボタンを押して起動する。1枚目の写真の画面が表示されます。

3. パソコンと接続。※FastbootにPATHが通っている必要があります。

4. ブートローダーの書き換え

fastboot flash bootloader bootloader-maguro-primekj10.img

5. ブートローダーの再起動

fastboot reboot-bootloader

6. ベースバンドファームの書き換え

fastboot flash radio radio-maguro-i9250xxkk1.img

7. ブートローダーの再起動

fastboot reboot-bootloader

8. システムイメージの書き換え

fastboot -w update image-yakju-itl41d.zip

9. 以上で完了。端末を再起動します。

※この記事の情報は2011年12月2日時点のものです。

2011年12月17日更新:Odinを使えばブートローダーをアンロックすることなく、より簡単にインストールできます。参考情報

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5