オンラインメモサービス「SpringPad」はEvernote+RTM+Twitter?

投稿日時 6月 14th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » 未分類
コメントは受け付けていません。

今回は、「SpringPad」と言う、オンラインメモサービ「Evernote」とタスク管理サービ「Remember The Milk」(以下、RTM)を足して、さらにTwitterなどのソーシャルネットワークサービス的な機能も利用できるソーシャルメモサービス(?)を紹介します。





まず、このSpringPadというのは何ぞや?というところからですが、基本的にはEvernoteのようなオンラインメモサービスです。

Evernote+RTM

Evernoteでは、作成するメモの管理をユーザ自身が自由に行うことができ、用途別のノートブックを作成したり、種類別のタグを自由に付けて写真だろうが、音声だろうが、オフィス文章だろうが、長ったらしい設定ファイルのサンプルだろうが好き勝手み管理することが出来ます。

SpringPadもEvernoteと同じようにメモを追加・管理できますが、SpringPadにはメモを簡単に確実に残せるようにメモのカテゴリとメモのテンプレートが用意されています。

例えば料理レシピをメモに残す場合、次の図のように「Recipies」を選択して作成すると、そのメモに必要な材料や写真、調理時間などが簡単に入力できるようになり、メモ自体がレシピメモとして残せるようになるのです。



「Recipies」を選択して作成されたメモは、



こんな感じです。

作成できるメモはこれだけではなく、タスクやスケジュール、アラームと言ったものまで作成できます。タスクメモを作成するとチェックボックスまで表示してくれます。もちろんリマインダ設定も可能です。



もちろん、フツーのテキストメモや写真メモをSpringPadに保存することが可能ですが、音声メモや個別のファイルを保存することは出来ません。

SpringPadに保存したメモは、カテゴリやプラン(タスク、アラーム、イベント)ごとに仕分けることが可能ですし、Evernoteでいうところのノートブックにあたる「リスト」を作成して管理することも可能です。

Twitterのようなフォロー/フォロワー関係もある

ここまではEvernoteとRTMのことですが、SpringPadでは、「フォロー」「フォロワー」という概念があり、SpringPadユーザつながることが出来ます。設定で変更することも出来ますが、SpringPadで作成されたメモは公開/非公開設定ができ、デフォルトではほとんどのメモが公開設定されます。



公開設定にしたメモはフォロワーさんに見られちゃうんです。もちろん、作成したメモごとに公開/非公開設定することができますけどね。

そういうSpringPadユーザ同士がつながりを持てるため、SpringPadで作成した結構きっちりとしたメモって言うのは参考にされやすいのかなぁと思います。上記レシピなんか作ったメモをそのまま誰かに見られても、結構きっちり作ってあるから見られても恥ずかしくないですよね?

逆に、自分がフォローしているSpringPadユーザのメモも



こんな感じで見ることが出来ます。これらはフォローしているユーザが公開設定にしたメモだけです。

Androidアプリもある

そして、SpringPadにはAndroidアプリがあります。Androidマーケットから無料でダウンロードすることができ、作成したSpringPadアカウントを入力すれば自動的にWEBと同期してメモを引っ張ってきます。



アプリはこんな感じでメモ一覧を表示することができ、Androidアプリからメモを追加することも当然可能なのですが・・・、Androidアプリで日本語を入力すると文字化けしちゃいます。ここが使い物にならないところ。

メモにはそれぞれテキストや写真を追加することもできます。



SpringPadに追加したメモはAndroid特有の共有機能を使って、EvernoteやTwitter、メールなどを使って共有することが出来ます。

ちょっと難しく書いてしまい分かりにくかった化も知れませんが、とにかくEvernoteのように何でもメモできるサービス、そして作成できるメモにテンプレートみたいなのがある、SpringPadユーザ同士つながりを持つことができ、それぞれのメモを簡単に共有することが出来る、と言った感じのサービスだと思っておけば良いかなぁ~。しかもAndroidアプリもあります。

SpringPad
http://springpadit.com/

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5