東芝、7型カラー液晶・Wi-Fi機能を搭載した電子書籍端末「BookPlace DB50」を2月10日に発売

投稿日時 1月 26th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



東芝は1月26日、タッチパネル付きのカラー液晶ディスプレイと無線LAN接続機能を搭載した7型の電子書籍端末「BookPlace DB50」を2月10日より発売すると発表しました。価格はオープン(楽天を見ると価格は22,000円前後のようです)。

BookPlace DB50は、株式会社BookLiveが提供する電子書籍サービス「BookPlaceストア」に対応した電子書籍端末で、BookLiveストアの電子書籍5万タイトルの中から好きな書籍を購入・管理・読書できます。音声読上げ機能にも対応(書籍が対応してれば読上げ可能)。

OSはAndroidで、ホーム画面が「書棚」となっており、本体の「ホームボタン」を押すと、どの画面からでも書棚に戻ることができます。その他、「メニュー」ボタンや「バックボタン」(前のページに戻れたりする)、読みかけのページを一押しで表示できる「コンティニューボタン」といった読書向けボタンも搭載されています。

電子書籍の閲覧などのほか、インターネットに接続すればWEBサイトの閲覧やメールの送受信を行うこともできます。ほかにもPDFファイルや動画、写真の閲覧、音楽の再生も可能です。

画面サイズは7インチ、解像度は1,024×600ピクセル(WSVGA)、ディスプレイはLEDバックライトのTFT液晶。プロセッサーはFreescale i.MX535,1.0GHz。内蔵ストレージの容量は8GBで小説なら約6,000冊、コミックなら約150巻保存しておくことができます。保存領域はmicroSD/microSDHCカードで拡張可能。内蔵バッテリーの駆動時間は約7.5時間となっています。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR(3G通信モジュールは非搭載)。本体サイズは120mm(H)×190mm(W)×11mm(D)、質量は330g。

製品を購入した方にはBookPlaceストアで利用できる5,000円分の電子書籍購入ポイントがプレゼントされます。

Source : 東芝

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5