MWC 2012:Samsung、Galaxy Noteの10.1インチタブレット版「Galaxy Note 10.1」を発表

投稿日時 2月 27th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



SamsungがGalaxyシリーズのタブレット新機種「Galaxy Note 10.1」をMWC 2012で発表しました。

Galaxy Note 10.1は、Samsungが昨年9月に発表した5.3インチ画面の初代Galaxy Noteと同様、手書きメモ・ペイント機能を大きな特徴とした製品で、Galaxy Noteブランドとなっています。

画面が10.1インチなので書込み感が実際のノートに近いものになりそうです。大きな画面を分割して使うことができる「マルチスクリーン」’機能が搭載されており、一方の画面で動画やWEBページを表示、もう一方の画面でノートを取るといったことも可能とのこと。新たに追加された”S Note”アプリには、数式のような複雑な文字や記号を認識してテキスト変換する機能や、描いた図形の形を自動補正してくれる機能もあるそうです。付属のS-Penは5.3インチGalaxy Noteのものよりも長く、ペン後部を押すと書いた内容を消去できる機能が新たに追加されているとのこと。

Galaxy Note 10.1の発売時期と価格は未発表です。

Galaxy Note 10.1のスペック

 

  • OS:Android 4.0(ICS)、Samsung TouchWiz/LivePanel UX、S Pen Experience (S Note, S Planner)
  • サイズ:256.7mm×175.3mm×8.9mm、質量583g
  • ディスプレイ:10.1インチ、解像度1,280×800ピクセル(WXGA)、PSL-LCD
  • チップセット:1.4GHzデュアルコア
  • メモリ:1GB RAM 16/32/64GB eMMC
  • 外部メモリ:microSD/microSDHC(32GBまで対応)
  • リアカメラ:300万画素CMOS、AF、フラッシュ、720p@30fpsVideo Recording
  • フロントカメラ:200万画素CMOS
  • 対応周波数:GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+ 21Mbps(850/900/1900/2100MHz)
  • ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Wi-Fi Direct、Bluetooth 3.0、DLNA(AllShare Play)、Wi-Fi Channel Bonding
  • 外部端子類:-
  • センサー類:加速度、ライト、ジャイロ、デジタルコンパス、近接(Wi-Fi+3G版のみ)、GSP/Glonass
  • バッテリー:リチウムイオン7,000mAh
  • ソフトウェア:GMS(Google Mobile Services)、Polaris document editor、Samsung Apps、Samsung Kies 2.0、Samsung ChatON、Media Hub、Readers Hub、Music Hub、Game Hub、Video Hub、Sound Alive、Samsung S Suggest(アプリレコメンド機能 )、Photoshop Touch、Adobe Ideas
Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5