MWC 2012:Huawei、自社開発のクアッドコアプロセッサーを搭載した10.1インチICSタブレット「MediaPad 10 FHD」を発表,

投稿日時 2月 28th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

Huaweiが自社開発のクアッドコアプロセッサーを搭載した10.1インチタブレット「MediaPad 10 FHD」を発表しました。

MedaPad 10 FHDはHuawei4機種目となるAndroidタブレットで、解像度1,920×1,200ピクセル(WUXGA)のIPS液晶、同社が前の日に発表したAscend D quadにも搭載されているHisilicon K3v2 1.5GHzクアッドコアプロセッサー、2GB RAMを搭載するなどスペックはかなり高いようです。

アルミユニボディ構造の本体は厚さ8.8mmと結構スリム。質量は約598gとなっています。カメラは背面に800万画素CMOS、前面に130万画素CMOSを搭載。OSはAndroid 4.0(ICS)が採用されています。

MediaPad 10 FHDは2012年Q2より世界で発売される予定となっています。



Source : HuaweiMobilmania

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5