SCE、今年4月からPlayStation Suite SDKのオープンベータ版を提供、今年後半に正式版を提供

投稿日時 3月 7th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が「PlayStation Suite」の本格開始に向け発表を行いました。

SCEの発表によると、同社は現在クローズドベータ版として提供中の「PlayStation Suite SDK」を2012年4月からオープンベータ版として全開発者に無料で提供するとしています。提供国は現在の日本、米国、英国から拡大される予定。それを経て、2012年後半から正式版を提供する予定としています。正式版は有料($99/年)になる見込みで、正式版で作成されたコンテンツは所定の手続きを経てPlayStation Storeに配信できるようになるとのこと。また、現在は、PS1ゲームが配信されているPlayStation Certified端末向けのPlayStatio StoreをPlayStation Suiteに最適化し、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、オーストラリアにおいて2012年後半より順次配信する予定としています。

「PlayStation Suite」はAndroid端末にもPlayStationの世界を提供しようという枠組みで、その中で提供されるソフトウェア開発環境「PlayStation Suite SDK」で開発されたアプリなどのコンテンツが、「PlayStation Suite」推進のための機器認定プログラム「PlayStation Certified」を受けたAndroid端末(Xperaia PLAY、Sony Tabletなど)およびPlayStaion Vitaで利用することができます。

3月7日時点のPlayStation Certified端末は、Xperia PLAY、Xperia arc、Xperia acro、Xperia acro HD、Xperia S、Xperia NX、Xperia ion、Sony Tablet S/Pの9機種。

Source : SCE

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5