Sony Mobile、新型LTEスマートフォン「Xperia GX」、「Xperia SX」を発表、2012年夏以降に日本で発売

投稿日時 5月 9th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Sony Mobileは5月9日、LTE方式によるデータ通信にも対応したXperiaスマートフォンの新機種「Xperia GX」と「Xperia SX」を日本で2012年夏以降に発売すると発表しました。NTTドコモなどキャリアからの発表はまだ行われていません。

どちらもAndroid 4.0(ICS)とQualcomm Snapdragon S4 1.5GHz(デュアルコア)を搭載しています。本体に物理ボタンはなく、操作は画面上に表示されるボタンで行います。LTEでの下り速度は最大75Mbps。

クリアブラックパネル、モバイルBRABIAエンジン、Exmor R for mobile、テレビ専用UI「TV launcher」などの既存の技術や機能に加えて、両機種にはSonyの技術やサービスと連携した3つの新アプリが追加されています。

Walkmanアプリ
クリアオーディオテクノロジーやバーチャルサラウンド技術(VPT)などこだわりの音質とあわせ、再生中の音楽を独自に解析し様々なイメージで画面を彩ることができるVisualizer(ビジュアライザー)や、Facebookの友達がすすめる楽曲一覧を自動で生成する機能などを特徴としています。

Albumアプリ
写真や動画の月別表示や地図上での撮影場所の表示、Facebookなどオンラインアルバムとの連携のほか、コンテンツのすばやい閲覧をピンチズームで可能にする技術を搭載

Moviesアプリ
高画質、高音質で映画などのコンテンツ再生が可能で、Gracenote社のメディア情報データベースと連携しコンテンツのイメージ画像や出演者等の詳細情報を加えて楽しめる。

Xperia GX”Hayabusa”は4.6インチHD解像度の液晶ディスプレイを搭載した大画面の端末。Xperia arcのアークフォルムを継承した最薄部8.6mmのスリムなボディが特徴。国内定番機能の中では「おサイフケータイ」に対応するそうです。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB。1,310万画素裏面照射型CMOS「Exmo R for Mobile」を搭載。バッテリー容量は1,700mAh。本体サイズは131mm×69mm×10.5mm(最薄部8.6mm)、質量は約127g。カラーはブラックとホワイトの2色。



Xperia SX”Komachi”は、質量約95gの軽量なボディに3.7インチqHD解像度の液晶ディスプレイを搭載した世界最軽量のLTEスマートフォン。厚さは約9.4mm。国内定番機能では「おサイフケータイ」、「ワンセグ」、「赤外線通信」に対応するそうです。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB。800万画素裏面照射型CMOS「Exmor R for Mobile」を搭載。カラーはブラックとホワイトの2色。



Source : Sony Mobile

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5