日本通信、b-mobile SIMに音声通話機能も付けた「talkingSIM」を発表、他社からのMNPにも対応

投稿日時 7月 23rd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

b-mobileでおなじみの日本通信から待望の音声通話もできるようになったb-mobile SIM 「talkingSIM」が発表、7月30日より日本通信の専用WEBサイトで申込むことできるようになる。

talkingSIMは、基本使用料 3,960円(税込)/月で、データ通信はベストエフォート上下最大300kbps、さらに基本使用量の中には1,050円分の音声通話料(約25分間)が含まれるという。

基本使用料に含まれる音声通話分を使いはたらしたら、他社同様に30秒で21円が課金される仕組み。

また、他社では一般的な2年縛りや継続契約不要、なんと他社からのMNPにも対応すると言う。

talkingSIMは、ドコモのFOMAネットワークにおいて運用されているため、SIMロックフリーなiPhone 3GSでドコモ回線を利用できる。カバーエリアはドコモと同じ。

talkingSIMの対応動作端末は、http://www.bmobile.ne.jp/sim_t/device.htmlに掲載されている。

基本的には、b-mobile SIM U300が動作するスマートフォンならOKみたいだ。Xperia SO-01B、HT-03A(Android1.5)、T-01A、GDD Phoneでは動作する。

日本通信 talkingSIM
http://www.bmobile.ne.jp/sim_t/

talking SIM FAQ←要チェック
http://www.bmobile.ne.jp/sim_t/faq.html

更新1:talkingSIMでは、ドコモのiモードメールアドレス「・・・@docomo.ne.jp」は付与されない。iモードも利用することはできない。

基本使用料以外のオプションサービス

  • キャッチホン:210円/月(税込み)
  • 留守番電話:315円/月(税込み)
  • 転送電話:0円/月
  • 国際ローミング:0円/月
  • 国際電話:0円/月
  • 迷惑電話ストップサービス:0円/月
b-mobile SIM U300をtalkingSIMに変更することも、b-mobile SIM U300の残り分をtalking SIMに移すことはできないそうだ。

また、talkingSIMで提供されるのは、マイクロSIMではなく普通のSIMとのこと。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5