Android HiFi : Android端末をAirPlay対応スピーカーに変えるアプリ。iTunesの音楽をAndroidにワイヤレスでストリーミング可能

投稿日時 7月 19th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。

本日紹介するAndroidアプリは、Android端末をAirPlay対応スピーカーに変えてしまう「Android HiFi」です。アプリは無料。対応機種はAndroid 2.2以上を搭載した端末です。

AirPlay対応のスピーカー製品のように、iTunesにある音楽などを無線LAN経由でストリーミングできるようにするアプリで、アプリを起動すると受け状態になるので、後は、iTunes上のスピーカー選択画面で「Android HiFi」選ぶだけで音が流れます。

AirPlay対応のiOSデバイスでも利用可能とアプリの説明には記載されていますが、実際に試してみたところ、iPhone 4(iOS5.1)では利用不可でした(機器一覧に表示されない)。



AirMac Expressをエミュレートしているようです。複数スピーカーの同時出力やiTunes上での音量調節も可能です。



2012年7月19日時点のv1.4 Betaの機能は非常にシンプル。基本的には音を受信し再生するだけで、ボリューム調節機能、ミュート機能、後は他の機器とのズレを修正するためにと、再生位置を修正する「+」「-」ボタンがあります。

iTunesの音楽やネットラジオの音をスマートフォンのスピーカーを介して聴くという使い方はもちろんありだと思いますが、ステレオスピーカーを搭載したAndroidタブレットを使ったり、USBやステレオジャック経由で外部スピーカーと接続したAndroidで使うとAirPlay対応のスピーカー製品の代わりにすることができるかと思います。HDMI出力できるAndroid端末とテレビと接続すればApple TVみたいな感じなりますね。

便利なアプリだとは思いますが、v1.4 betaでは動作が不安定なこと、ちゃんと動く機種が少ないことが問題点として挙げられます(Betaなので仕方ないことではあるかとは思いますが)。前者については長時間利用すると再生が不安定になり、大抵の場合は再生が止まってしまいます。後者については、手元にあるいくつかの端末で使ってみましたが、ちゃんと動いたのはXperia Pとgoだけでした(他に、HTC One/One S、Galaxy Nexus、Galaxy Tab 7.7、Sony Tablet S、Xperia sola、Xperia Sで試してみましたが、認識されない、認識されても繋がらないといった状況)。

Android HiFi」(Playストア)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5