Motorola、新型RAZRスマートフォン「Droid RAZR HD」「Droid RAZR MAXX HD」「Droid RAZR M」を発表

投稿日時 9月 6th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



米Motorolaが米国・ニューヨークで現地時間9月5日に開催したメディア向けのイベントで、米Verzion Wireless向けとして、「Driod RAZR HD」、「Droid RAZR MAXX HD」、「Droid RAZR M」の3機種の新型RAZRスマートフォンを発表しました。

イベントの冒頭、Motorolaの新CEOになったGoogleのDennis Woodside氏がステージに登壇し、トップが交代した新生Motoorla Mobilityの3つの取り組みが発表されました。1つ目は開発者やカスタムROM愛好者がROMを書き換えたりできる端末「Developer Edition」をリリースしていくこと、2つ目はJelly Beanを積極的にサポートしていくことで、2011年モデルの殆どをアップデートするとしています。3つ目は2011年モデルの中でMotorolaがJelly Beanにアップデートできないと判断した機種の利用者に対して、発表された3機種に買い換えることを条件に、$100の下取り料を支払うこと。



発表された新型RAZRスマートフォンは、左から「Droid RAZR HD」、「Droid RAZR MAXX HD」、「Droid RAZR M」。「Droid RAZR MAXX HD」は、何れも米Verizon Wireless向け製品で、Droid RAZR HD/MAXX HDはホリデーシーズン前に、Droid RAZR Mは2年契約で$99というミッドレンジクラスの価格帯で来週発売されます。



3機種ともRAZRスマートフォンということで、本体は薄く、ケブラー繊維の背面コーティングやゴリラガラスの使用でキズに強いとされています。新モデルでは、ディスプレイ両端のベゼル部分を狭くしたデザインが採用されており、画面サイズのわりに本体の幅が狭いこと、容量の大きいバッテリー(2,000mAh以上)を装備すること、Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHzデュアルコアプロセッサと1GB RAMを搭載するなど性能も高められています。

その他、背面に800万画素カメラ、前面に130万画素カメラを搭載。NFCやLTE通信にも対応。OSはAndroid 4.0(ICS)で、Chromeブラウザがデフォルトブラウザとなっていることが共通しています。年内にJelly Beanにアップデートされる予定です。



Droid RAZR HD/MAXX HDは4.7インチ・解像度1,280×720ピクセル(HD)のSuper AMOLEDディスプレイを、Droid RAZR Mは4.3インチ・解像度960×540ピクセル(qHD)のSuper AMOLEDディスプレイを搭載します。Droid RAZR Mはコンパクトモデルとなります。

Droid RAZR HDのバッテリー容量は2,500mAh、通話時間は最長16時間。Droid RAZR MAXX HDのバッテリー容量は不明ですが、通話時間は21時間とされています。単純計算で31%増です。Driod RAZR Mのバッテリー容量は2,000mAh。

Droid RAZR HDはグローバルモデル「Motorola RAZR HD」も準備されており、アジア太平洋地域、欧州、北・中南米において発売されます。発売時期は”すぐに”とされており、明らかにはなっていません。

Source : Motorola

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5