Sony Mobileが国内向けXperiaスマートフォン新モデル「Xperia AX」を発表、年内に発売

投稿日時 10月 1st, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Sony Mobileは10月1日、国内市場向けのXperiaスマートフォン新モデルとして、「Xperia AX」を発表しました。投入キャリアは発表されていませんが、NTTドコモとKDDIより発売される見込みです。発売時期は年内としています。

Xperia AXは、同社が8月にドイツで発表したグローバルモデル「Xperia V」の国内モデル。”Tsubasa”というコードネームで知られる端末です。アークフォルムを採用した薄型デザイン・防水防塵対応の筐体に、4.3インチ1,280×720ピクセルのTFT液晶、Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHzプロセッサ、1,300万画素のExmor Rカメラを搭載。また、パケット通信ではLTEにも対応します。

モバイルBRAVIAエンジンはバージョンアップしたv2が搭載されており、従来よりも表示が鮮明になったと言われています。カメラ機能では、サイバーショットにも搭載されている、暗所で暗く映った写真や逆光写真を明るく補正したりする”おまかせプレミアムモード”や、9種類のエフェクト撮影効果を撮影前に確認できる“ピクチャーエフェクト”など新機能が盛り込まれています。オーディオ機能では、Xperia Tablet Sなどで見られるClear Audio+モードが利用できます。

国内版ということで、「おサイフケータイ」、「赤外線通信」、「ワンセグ」などの国内定番機能に対応するほか、NFCにも対応しており、他のNFC対応XperiaスマートフォンやNFC対応Bluetoothヘッドセット・スピーカーとワンタッチ機能でコンテンツを共有することもできるようになっています。

Xperia AXのフルスペックは未公開なので、ベースモデルのXperia Vのフルスペックを以下に載せておきます。

  • OS:Android 4.0.4(ICS)※Android 4.1(Jelly Bean)アップデート予定
  • サイズ:129 x 65 x 9.7 mm 、質量120g
  • ディスプレイ:4.3インチ、解像度1,280×720ピクセル(HD)、TFT液晶、モバイルBRAVIAエンジン2、1,677万色
  • SoC:Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア)
  • GPU:Adreno 225
  • メモリ:RAM 1GB、内蔵ストレージ8GB(OS:1.2GB、アプリ:2GB、その他:3.7GB)
  • 外部ストレージ:microSD/microSDHC(最大32GB)
  • リアカメラ:1300万画素「Exmor R for Moible」、AF、LEDフラッシュ、1080p動画撮影、2D/3Dスイングパノラマ、16倍デジタルズーム
  • フロントカメラ:30万画素CMOS
  • 対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDM(850/900/2100MHz)、LTE 800/850/1,800/2100/2,600MHz
  • パケット通信:2G GPRS/EDGE、3G DC-HSDPA 42Mbps/HSUPA 5.76Mbps、4G LTE 下り最大100Mbps/上り最大50Mbps
  • 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA(M-DMS、+PU+、M-DMP、+DN+)、NFC
  • 外部端子類:micro-USB(MHL対応)、3.5mmオーディオジャック
  • センサー:加速度、ライト、近接、ジャイロ、デジタルコンパス、GPS(A-GPS対応)
  • バッテリー:1,750mAh、WCDMAでの待受時間は最長400時間、通話時間は最長7時間
  • カラー:ブラック、ホワイト、ピンク
  • 対応SIM:microSIM
  • 防水・防塵対応(IP55/57+)
  • Sony Entertainment Network対応
  • PlayStation Certified対応
  • xLOUD対応
  • Clear Bass、Clear Stereo対応
  • NFC対応ワイヤレススピーカー「SRS-BTV5」と、”One-Touch”通信機能で音楽のストリーミングが可能
Source : Sony Mobile

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5