Evernoteの公式Androidアプリがv4.3にアップデート、エディタのツールバーやタブレットUIの一部デザインが刷新、プレミアムユーザ向け新機能も追加

投稿日時 10月 20th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

Evernoteの公式Androidアプリがv4.3にアップデートされました。

今回のアップデートでは、 新機能の追加や一部UIの変更などが行われています。まずは、ノートエディタ内のツールバー上に表示される機能がテキストの編集に関するものだけとなり、以前まではツールバー上にあった写真や動画の添付、声の録音といった機能がすべて上部のアクションバー上に移動されました。シンプルになりましたね。また、Skitchをダイレクトに起動することも可能になっています。

次に、プレミアムユーザ向け新機能ですが、オフラインノートブック機能において、一度に複数のノートブックのオフライン/非オフライン化操作ができるようになりました。スマートフォンの場合は下部の「↓」ボタン、タブレットではアクションバー上のオプションボタン→「オフラインノートブック」をタップすると編集画面のような表示になるので、ノートブック名左の「↓」アイコンのタップで適用できます。

タブレット用UIにも改善が施されました。画面上部のアクションバーのデザインが刷新され、アクションバー上のオプションボタンが画面の状況に応じて変化するようになりました。例えば、ノートブックやタグを一覧表示した場合やノート一覧を表示した場合とでオプションボタンの表示位置は変化しない(内容は変化しますが)ので、操作性がよくなったかと思います。



ノートエディタでは、前述の通りツールバー上のボタンが文章の編集に関するものだけになりその他の機能はアクションバーに移動。さらに、ツールバーの表示位置が右側に寄せられました。ツールバーのボタンが片手の親指だけで押せるようになるのでこちらも操作しやすくなったかと思います。



最後に、Evernoteとは別提供のウィジェットアプリに、リサイズ可能な新ウィジェット「グリッドウィジェット」が追加されました。ウィジェット上のアイコンは各種操作へのショートカットで、カスタマイズできます。このウィジェットはどのような画面にも合うように作成されており、ウィジェットを2×1サイズにすると横に2つのアイコン、2×2サイズにすると縦横2つのアイコンを表示するなど、ウィジェット全体のサイズに応じてアイコン数も変化するようになっています。ウィジェットのサイズが2×1など小さい場合でも上下へのスクロール操作で選ぶことができます。

Evernote」(Google Playストア)

Source : Evernote

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5