”Google Nexus 4”がGL Benchmarkの公式サイトに登場、Android 4.2(JVP15L)を搭載

投稿日時 10月 24th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



GL Benchmarkの公式サイトに”Google Nexus 4”を名乗る端末のテスト結果が登録されていました。29日に発表されると噂されているLGのNexusスマートフォン実機かもしれません(当然のことながら偽装の可能性はありますが・・・)。

テスト結果によると、OSバージョンは”Android 4.2”で、ビルド番号は”JVP15L”。Jelly Beanのようですね。しかし、APIバージョンが17に上がっています。大規模アップデートということなのでしょう。フィンガープリント情報の”google/occam/mako:4.2/JVP15L/508754:user/release-keys”から、”mako”というコードネームのハードウェア(?)に、”occam”というコードネームのソフトウェア(?)が搭載されていることが分かります。ビルドに使用したコンピュータのホスト名”vpak1.mtv.corp.google.com”は、他のNexusデバイスでも確認できることから、Googleビルドのソフトウェアを搭載した本物のNexus 4の可能性が高いと思います。

ハードウェア情報としては、画面の解像度は”1196 x 768”、CPUクロックは384MHz~1512MHz、GPUはAdreno 320といったことが読み取れます。プロセッサはGPU型番からSnapdragon S4 Proとなります。

Source : GL Benchmark

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5