CES 2013:Sony Mobile、新フラッグシップ「Xperia Z」を発表、5インチフルHDディスプレイ、1.5GHzクアッドコアプロセッサ、Exmor RSカメラを搭載

投稿日時 1月 8th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Sony Mobileは現地時間1月7日、米国・ラスベガスで開催したCES 2013のプレスカンファレンスでXperiaスマートフォンの新機種「Xperia Z」を発表しました。

Xperia ZはSony Mobileの新グローバルフラッグシップとなるXperiaスマートフォン。5インチ1,920×1,080ピクセルのRealityディスプレイ、Qualcomm Snapdragon S4 Pro 1.5GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、1,310万画素のExmor RSカメラを搭載、パケット通信では、LTE方式にも対応します。本体は厚さ7.9mmとスリムで、前後に強化ガラス(Dragontrail)を搭載したデザイン。IP55・IP57の防水・防塵にも対応します。

タッチパネルにはカバーガラスとタッチセンサーが一体となったOptiContrastパネルを採用、モバイルBRAVIAエンジンは新バージョンのv2を搭載します。Xperia Zでは、カメラ周りが従来モデルからアップグレードされており、リアカメラのExmor RSカメラでは、900万画素で10fpsの連写、静止画に加えて動画のHDR撮影、動画を撮影しながら静止画の撮影することが可能となっています。フロントカメラは220万画素のExmor Rを搭載します。Xperia Vに初搭載された逆光写真や暗所で暗く写った写真を自動補正する”おまかせプレミアムオート”や9種類のエフェクトを適用して撮影できる“ピクチャーエフェクト”も搭載します。

昨年秋に発表された機種に搭載されているNFCを活用した「ワンタッチ機能」は、同日発表された新型BRAVIAテレビとの組み合わせにより、画像や動画をBRAVIAにタッチするだけで転送することが可能となっています。また、画面消灯時はモバイルデータをOFFにしてバッテリーの減りを抑制する省電力機能「STAMINAモード」も搭載します。

Xperia Zのカラバリはブラック、ホワイト、パープルの3色。発売時期は2013年Q1となっています。日本も販売国となっています。発売時点では、Android 4.1(Jelly Bean)を搭載しますが、Android 4.2(Jelly Bean)にアップデートされる予定となっています。


  • OS:Android 4.1(Jelly Bean)※Android 4.2(Jelly Bean)アップデート予定
  • サイズ:139 x 71 x 7.9 mm 、質量146g
  • ディスプレイ:5インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(FHD)、TFT液晶、モバイルBRAVIAエンジン2、1,677万色
  • SoC:Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz(クアッドコア)、MDM9215Mモデム
  • GPU:Adreno 320
  • メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ16GB
  • 外部ストレージ:microSD/microSDHC(最大32GB)
  • リアカメラ:1310万画素「Exmor RS for Moible」、AF、LEDフラッシュ、1080p動画撮影、2D/3Dスイングパノラマ、16倍デジタルズーム
  • フロントカメラ:220万画素裏面照射型CMOS
  • 対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDM(850/900/2100MHz)、LTE 800/850/1,800/2100/2,600MHz
  • パケット通信:2G GPRS/EDGE、3G DC-HSDPA 42Mbps/HSUPA 5.76Mbps、4G LTE 下り最大100Mbps/上り最大50Mbps
  • 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA(M-DMS、+PU+、M-DMP、+DN+)、NFC
  • 外部端子類:micro-USB(MHL対応)、3.5mmオーディオジャック
  • センサー:加速度、ライト、近接、ジャイロ、デジタルコンパス、気圧、GPS/GLONASS
  • バッテリー:2,320mAh、WCDMAでの待受時間は最長550時間、通話時間は最長11時間
  • カラー:ブラック、ホワイト、パープル
Source : Sony Mobile

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5