Android上でWindowsソフトが動く、「Wine」のAndroidへの移植作業が進行中

投稿日時 2月 4th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



x86アーキテクチャー上のUnix系OSでWindowsソフトをネイティブに動作させることができるオープンソースソフトウェア「Wine」のAndroidへの移植作業が進行している模様です。

2月2、3日にブリュッセルで開催された「FOSDEM(Free and Open Source Development European Meeting)」でWineプロジェクトのAlexandre Julliard氏がその取り組みについて説明を行ったそうです。会場ではAndroidを使ってWindowsソフトを実行するデモが行われたそうですが、デモで使用されたAndroidは仮想マシンだったこともあり、動きにはかなりもたつきが見られたと伝えられています。

同氏はAndroidへの移植だけではなく、ARMアーキテクチャーへの移植も検討していることも明らかにしたそうです。どちらもリリース時期は明言されなかったそうですが、AndroidでWindowsソフトを動かせるようになれば、さらにAndroidが便利になりますね。

Source :  Phoronix、Engadget

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5