ASUS、液晶部分が外れてAndroid 4.1タブレットとして利用できるWindows 8搭載のオールインワンPC「ASUS Transformer AiO P1801」を正式発表

投稿日時 3月 7th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



ASUSが昨年のComputex 2012で披露した液晶部分が外れてAndroidタブレットとして利用できるWindows 8搭載のオールインワンPC「ASUS Transformer AiO P1801」を正式に発表しました。

P1801は、画面サイズ18.4インチのオールインワンPCで、スタンド部分(PC Station)と液晶部分にそれぞれPC環境(プロセッサ・チップセット・メモリ等)が内蔵されており、液晶部分のボタンを押すことで使用するOSを切り替えることができます。



PC StationではWindows 8が動作しており、液晶部分ではAndroid 4.1が動作します。液晶部分にはリモートデスクトップ機能が搭載されており、PC Stationから外した状態でもWindows 8を使用できます。マルチタッチ操作も可能とされています。液晶部分の背面にはスタンドが備えられており、机に立てて使用することもできます。

PC Stationのスペック。CPUはIntel Core i3 3220/Core i5 3350P /Core i7 3770、GPUはNVIDIA GeForce GT730M 2GB、RAM容量は4GB~8GB DDR3 1600MHz、内蔵ストレージは1~2TBのSATA HDD、スロットインタイプのDVD RWマルチドライブなどが搭載されています。通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0、ギガビットイーサネット。外部端子類は、USB 3.0端子×4、USB 2.0端子×1、3-in-1のカードリーダー×1(SD/SDHC/MMC)、マイク・ヘッドホン端子、スピーカー×2、液晶接続用のドック、HDMI出力端子、テレビアンテナ端子×1(オプション)、電源入力端子、ケンジントンロックなどを搭載します。

液晶部分のスペック。ディスプレイは18.4インチ1,920×1,080ピクセルのIPS液晶、視野角は178度、最大10点のマルチタッチが可能です。CPUはNVIDIA Tegra 3クアッドコア、RAM容量は2GB DDR3 1600MHz、内蔵ストレージの容量は32GB、カメラは前面に100万画素CMOSを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v3.0+EDRに対応。バッテリー駆動時間は約5時間。質量は2.4kg。

発売時期は2013年Q2上旬。米国では4月(追記:4月12日)に発売されると噂されています。米国価格は$1299(約125,000円)~。



Source : ASUS

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5