Sony Mobile、グローバルモデル新機種「Xperia SP」と「Xperia L」を正式発表、2013年Q2に発売

投稿日時 3月 18th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Sony Mobileは3月18日、2013年春のXperiaスマートフォン新機種として「Xperia SP」と「Xperia L」の2機種を発表しました。

Xperia SP(C530X)は、4.6インチHD解像度のRealityディスプレイとSnapdragon S4 MSM8960 Pro 1.7GHzデュアルコアプロセッサを搭載し、LTE通信にも対応したミッドレンジモデル。Xperia SP(C210X)は、4.3インチFWVGA解像度のRalityディスプレイ、Snapdragon S4 MSM8230 1.0GHzデュアルコアプロセッサを搭載した低価格モデル。どちらも2013年Q2にグローバル市場で発売される予定となっています。価格は明らかになっていません。

スペック的にはフラッグシップのXperia Z/ZLに及びませんが、モバイルBRAVIAエンジン2、HDRムービー機能を備えた800万画素のExmor RSカメラ、NFC通信を活用したコンテンツ共有機能”ワンタッチ”機能、Sonyのメディアアプリ(Walkman、アルバム、ムービー)、バッテリーSTAMINAモードを搭載するなど、Xperia Z/ZLに見られるSony独自の技術が多数見られます。また、Sony Network Entertainmentにも対応します。

Xperia SPは、アルミフレームと本体下部にカスタマイズ可能なイルミネーションバーを備えたプレミアムなデザインが特徴。4.6インチ1,280×720ピクセルのTFT液晶、Snapdragon S4 MSM8960 Pro 1.7GHzデュアルコアプロセッサ、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカードも利用できます。

カメラは背面に800万画素Exmor RS、前面に30万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz帯、150Mbps)、Bluetooth v4.0、NFC、DLNAに対応。バッテリー容量は2,370mAh。本体サイズは130.6mm×67.1mm×9.98mm、質量は155g。カラバリはブラック、レッド、ホワイトシルバーの3色。バリエーションは3G HSPA+モデルの「C5302」、LTE対応の「C5303」と「C5306」の合計3種類。



Xperia Lは、低価格モデルながらもカメラ性能・機能に優れる点が特徴となっています。Xperia SPのようにLTEには対応しません。4.3インチ854×480ピクセルのTFT液晶、Snapdragon S4 MSM8320 1.0GHzデュアルコアプロセッサ、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカードも利用できます。

カメラは背面に800万画素Exmor RS、前面に30万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz帯、150Mbps)、Bluetooth v4.0、NFC、DLNAに対応。バッテリー容量は1,750mAh。本体サイズは128.7mm×65mm×9.7mm、質量137g。カラバリはブラック、ホワイト、レッドの3色。バリエーションは3G HSPA+モデルの「C2104」と「C2105」の3種類。

Source : Sony Mobile

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5