NVIDIA、Tegraプロセッサのロードマップを更新、2014年には”Logan”、2015年には”Parker”が登場

投稿日時 3月 20th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。



米NVIDIAは現地時間3月19日、カリフォルニア州サンノゼで開催されたGPUテクノロジ・カンファレンス(GTC) 2013において、同社のモバイル向けプロセッサの新ロードマップを公開しました。

公開されたロードマップによると、2014年には”Logan”、2015年には”Parker”というコードネームのプロセッサの投入が予定されています。どちらも開発コードなので、実際には”Tegra 5”や”Tegra 6”という名前で出荷されるものと見られます。2011年のMWCで公開されたロードマップでは、2015年には”Stark”が登場することになっていましたが、”Parker”に変わっています。

2014年に登場予定の”Logan”(Tegra 5)のCPUは不明ですが、GPUはデスクトップ向けGPUの現在主流のGeForce 600シリーズの”Kepler”アーキテクチャーに刷新される模様。チップを使った汎用コンピューティング技術(CUDA)に対応する初のTegraプロセッサとなります。また、OpenGL 4.3への対応も視野に開発が進められているようです。

その翌年2015年に登場する予定の”Parker”では、CPUが64bitの”Denver”に、GPUが”Maxwell”に刷新される予定です。

Source : AnandTech

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5