Googleが新サービス「Google Play game services」を発表、マルチプラットフォーム、マルチプレイ、セーブデータや設定のクラウド保存など可能

投稿日時 5月 16th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



GoogleがGoogle I/O 2013の初日の基調講演の中で、Google Playの新サービス「Google Play game services」を発表しました。

Google Play game servicesは、アプリ開発者には本日公開されたAndroid/iOS向けのSDKや、WEB向けのJavaScript、Java、Python、Go、Dart、PHP用のREST APIとして提供されています。ユーザーはGoogle Play Servicesアプリを最新版にアップデート(自動アップデートされる)することで利用可能になります。



Google Play game servicesの主な機能・特徴としては、アチーブメント、リーダーボード、最大4人までのマルチプレイ、セーブデータや設定のクラウドへのバックアップ/リストア(レベル1からやり直す必要無し)、マルチプラットフォーム対応(Android、iOS、WEB)といった点。例えば、Google+のサークルの友人たちでゲームのスコアを競ったり、レースゲームをマルチプレイで遊んだりできます。Google I/Oの会場ではRiptide GP 2の3人マルチプレイのデモが実施されていました(通信環境の問題でうまく動かなかったみたいですが)。

既にWorld of Goo、Super Stickman Golf 2、Beach Buggy Blitz、Kingdom Rush、Eternity Warriors 2、Osmosなどの一部のゲームアプリにはGoogle Play Game Servicesが組み込まれていたりします。

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5