Samsung、”Galaxy S 4”ブランドを冠した小型スマートフォン「Galaxy S 4 mini」を正式発表

投稿日時 5月 30th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Samsungは5月30日、Galaxy S 4の小型版として知られる「Galaxy S 4 mini(GT-I919X)」を正式に発表しました。Galaxy S 4 miniは6月20日に英国・ロンドンで開催されるPremiere 2013イベントで展示されます。

Galaxy S 4 miniは、4.3インチ960×540ピクセル(qHD)のSuper AMOLEDディスプレイとQualcomm製1.7GHzデュアルコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン。今回発表されたのは3G HSPA+版、4G LTE版、3GデュアルSIM版の3種類。発売時期と価格は発表されていません。

”Galaxy S 4”ブランドを冠したGalaxy S 4 miniの筐体のデザインはGalaxy S 4を踏襲しています。画面サイズが4.3インチに縮小しているので、Galaxy S 4よりもサイズはコンパクトです。スペックシートによると、バッテリー容量は1,900mAh(取外し可能)ながらも、筐体サイズは124.6mm×61.3mm×8.94mm、質量は107g(3GデュアルSIM版は108g)。カラバリもGalaxy S 4と同じで、Black MistとWhite Frostの2種類。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、Samsung TouchWiz UXはGalaxy S 4と同じバージョンを搭載しています。ソフトウェア・機能面では、Adapt Display、Adapt Sound、Gourp Play、Sビーム、Samsung Link、スクリーンミラーリング、Story Album、S翻訳、Sトラベル(トリップアドバイザー)、Sヘルス、Sound&Shot、Best Photo、Best Face、Beauty Face、HDR撮影、連写等に対応。マルチウィンドウ、スマートスクロール、エアビュー、エアジェスチャーには非対応です。

RAM容量は1.5GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカード(最大64GB)も利用可能。カメラは背面に800万画素と前面に190万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC(LTE版のみ)、DLNA、Wi-Fi Direct、赤外線通信(IrRC)に対応。対応周波数は、LTE版がGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+ 42Mbps(850/900/1900/2100MHz)、LTEは6バンド対応(モデルによって異なる)。③G版がGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+ 21Mbps(850/900/1900/2100MHz)。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5