Android版「Socialife」アプリにGoogleリーダーのフィードデータのインポート機能が追加

投稿日時 6月 6th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
コメントは受け付けていません。



Xperiaスマートフォン・タブレット向けに提供されているSonyのニュースリーダーアプリ「Socialife」のAndroid版にGoogleリーダーのフィードデータのインポート機能が追加されました。

みなさんもご存知の通り、Googleリーダーは2013年7月1日をもってサービス終了を迎えます。SocialifeにGoogleリーダーのアカウントを登録した状態でサービス終了日を過ぎると、Googleリーダーのフィードを閲覧できなくなりますが、今回追加された新機能でGoogleリーダーのフィードデータをSocialifeにインポートすることで、Googleリーダーのサービスが終了した後でもも引き続きフィードを閲覧することができます。

フィードデータのインポートはSocialifeの設定メニューの「Googleリーダーインポート」より実施できます。インポート方法は、Googleリーダーのアカウントを追加して同期させる方法と、テイクアウトで取得したバックアップデータから取り込む方法の2通り。前者の場合は、Googleリーダーのサービス終了後は機能しなくなるので、Googleリーダーのサービス終了までに実施しておいた方が良いでしょう。ちなみに、2段階認証を有効にしている場合はSocialifeからGoogleリーダーにログインできないので、2段階認証を一時的に無効にするか、後者の方法(Takeoutノバックアップデータを利用)でインポートしてください。

テイクアウトを利用してGoogleリーダーのデータのバックアップを作成するには、GoogleリーダーのWEBサイトにアクセスし、「設定」→「インポート/エクスポート」→「Download your data through Takeout」をクリックします。

Socialife」(Google Playストア)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found