Nexus 5と思われるLG製「LG-D820」がFCCの認証を取得、画面サイズは約4.96インチ、Snapdragon MSM8974プロセッサを搭載

投稿日時 9月 6th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。



Googleの次期Nexusスマートフォンと思われるLG製端末「LG-D820」がFCCの認証を取得しました。FCC IDは「ZNFD820」。

次期NexusスマートフォンはLGが製造し、「LG G2」をベースにしていると噂されています。「LG-D80X」の型番を採用した端末はLGの新フラッグシップ「LG G2」で、認証資料に記載されていたシステムやファームウェアの情報“aosp_hammerhead”、”KyeLimePie”、“M8974”といった文字から、Snapdragon 800 MSM8974プロセッサを搭載し、次期Androidバージョン(資料ではKitKatではなくKey Lime Pie)を搭載したコードネーム“Hammerhead”であることがわかります。

次期Androidバージョン(Key Lime Pie)を搭載しているところを見ると、Nexusスマートフォンの可能性が高そうです。“Hammerhead”はFCCの認証を取得する前から新型Nexusスマートフォンのコードネームと噂されていました。

また、ディスプレイの対角サイズは126.0mm・・・約4.97インチなので、Nexus 5の名前は適していますね。本体ディスプレイの縦サイズは131.9mm、横サイズは68.2mmと記載されていました。

「LG-D820」はQi準拠のワイヤレス充電に対応しており、バックカバーの内側を撮影した写真をみると、ワイヤレス充電用のコイルが内側に据え付けられています。数日前にGoogleがAndroid 4.4“Kitkat”を発表した際に公開した模型の設置動画に見慣れぬNexusスマートフォンが映り込んでいました。その背面の様子(特にカメラとフラッシュの位置と形状)が上図と一致しており、Google写真が手にしていた端末は今回の「LG-D820」の可能性があります。

認証はGSM 850/1900MHz、WCDMA 850/1700/1900、CDMA BC0/1/10、LTE 2/4/5/17/25/26/41、Wi-Fi 2.4GHz/5GHz(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth v4.0の周波数帯で取得しています。

Source : FCCAnandTech

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5