GEANEEがAndroidを搭載した輝度180ルーメンの小型プロジェクター「MPJ-A500」を発表、10月上旬に発売

投稿日時 9月 20th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



GEANEEは9月20日、Androidを搭載した小型プロジェクター「MPJ-A500」を発表しました。発売時期は10月上旬で、本日より同社の直販サイトとAmazon.co.jpで予約受付が行われています。価格はオープンですが、実勢売価は39,800円前後になるそうです。

MPJ-A500は、DLP方式を採用した手の平サイズのプロジェクターなのですが、内部にAndroid 4.0(ICS)やWi-Fi機能が搭載されており、普通のプロジェクターとしての使い方はもちろんのこと、Androidのホーム画面をスクリーンや壁などに投影してアプリやネット動画を利用することもできます。今時の言い方をすればスマートプロジェクターといった製品です(そんな言葉はまだ普及していません・・・)。また、DLNAにも対応しており、同一Wi-Fiネットワーク上のDLNAサーバの動画や音楽、写真を投影することもできます。

プロジェクターの解像度は854×480ピクセル(FWVGA)。スクリーンとの距離が約1mで27インチ相当、3mで81インチ相当の投影サイズになります。輝度は180ルーメンと市場に出回っているプロジェクター内蔵スマートフォンやタブレットよりも10倍前後明るいので、それらよりもはるかに見やすいことでしょう。

筐体サイズは90.8mm×98.8mm×31.2mmで、質量は230gと小型軽量。背面にはUSB 2.0×2(キーボードやマウスも接続可能)、Mini USBx1、MicroSDカードスロット、Mini HDMI入力端子、Mini VGA/AV入力端子、イヤフォン端子、DC電源入力端子が備えられています。プロセッサはTelechip 8925、RAM容量は1GB(DDR3)、内蔵ストレージの容量は8GB、Wi-Fi b/gに対応しています。OSはAndroid 4.0(ICS)

Source : GEANEE

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5