NTTドコモ、5インチフルHDのIGZO液晶を搭載した「AQUOS PHONE ZETA SH-01F / SH-01F DRAGON QUEST」を発表

投稿日時 10月 10th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



NTTドコモは10月10日、ドコモスマートフォンの2013年冬モデルとして、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」を発表しました。発売時期は2013年11月上旬です。

SH-01Fは「AQUOS PHONE ZETAシリーズ」の4代目となる機種です。冬モデルではSH-01Fをベースにスクエア・エニックスとコラボしたドラクエ仕様の「SH-01F DRAGON QUEST」も発売されます(12月上旬発売予定)。

ディスプレイは5インチ1,920✗1,080ピクセルのIGZO液晶を搭載。新開発のカラーフィルターと高輝度LEDにより、屋外でも見やすく表示も鮮やかになったとされています。また、省電力が売りのIGZO液晶と独自エンジン「FEEL artist」、3,000mAmバッテリー、節電アプリ「エコ技」の組わせにより、フル充電で3日は持つとされています。

プロセッサはSnapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコア、RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は32GB、Micro SDカードも利用可能です。リアカメラは1,630万画素(裏面照射型CMOS)を採用しています。F1.9の明るいレンズと新機能の「NightCatch」により、暗い場所でもフラッシュ無しでSH-02Eよりも明るくブレの少ない写真を撮影できるとされています。このほか、本体を握ることでスリープから復帰させたり、着信音量を下げたりできる「グリップマジック」機能なども搭載しています。

  • OS:Android 4.2.2(Jelly Bean)
  • サイズ:141mm × 70mm × 8.9mm、質量139g
  • ディスプレイ:5インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Full HD)、TFT液晶、1,677万色
  • プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコア
  • GPU:Adreno 330
  • メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB
  • 外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB)
  • リアカメラ:1,630万画素(裏面照射型CMOS、AF、F1.9レンズ、フラッシュ付き)
  • フロントカメラ:210万画素(裏面照射型CMOS)
  • FOMAハイスピード(HSPA):下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps
  • Xi(LTE):下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
  • 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯)、Bluetooth v4.0、NFC(TypeA/B、FeliCa)、Wi-Fi Direct、DLNA(DTCP-IP対応)
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、micro USB(MHL対応)
  • センサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、近接、ジャイロ、GPS/A-GPS、GLONASS対応
  • バッテリー:3,000mAh
  • 待受時間:580時間(LTE)、700時間(WCDMA)、590時間(GSM)
  • 通話時間:810分(WCDMA)、800分(GSM)
  • 実使用時間:未定
  • カラー:ネイビー、ホワイト、レッド
  • spモード:○
  • spモードメール:○
  • ドコモメール(クラウド):○
  • おサイフケータイ:○(FeliCa、NFC)
  • かざしてリンク:○
  • ワンセグ:○
  • フルセグ:○
  • モバキャス(NOTTV):○
  • 赤外線通信:✗
  • 防水:○(IPX5/X7)
  • 防塵:✗
  • テザリング:○(Wi-Fiは最大8台)
  • おくだけ充電:×
  • WORLD WING:○
Source : NTTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5