GoogleがAndroid 4.4‟KitKat”を搭載した新型スマートフォン「Nexus 5」を正式発表、日本でも発売開始

投稿日時 11月 1st, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。

米Googleは現地時間10月31日、同社の新型Nexusスマートフォン「Nexus 5」を正式に発表しました。Nexus 5は本日より、日本、米国、カナダ、オーストラリア、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、韓国で発売され、追ってインドでも発売されます。販売チャンネルは各国のGoogle Playストアです。

Nexus 5は、GoogleとLGが共同開発した世界初のAndroid 4.4(KitKat)搭載スマートフォン。前作Nexus 4と比較して、大画面で高画質になり、ハードウェアスペックの強化により、性能も向上しています。画面サイズは5インチへと拡大し、バッテリー容量も2,300mAhに増加しましたが、本体の厚さは8.59mm、質量は130gと薄く軽量になっています。Googleは‟最もパワフルで薄いNexusスマートフォン”と説明しています。

プロセッサはQualcomm最新版のMSM8974 2.26GHzクアッドコアを搭載。リアカメラは800万画素のままですが、光学手ブレ補正に対応しました。通信機能では、GSM/WCDMAに加えて、LTEにも対応。WCDMA Band 6(800MHz)にも対応しているのでFOMAプラスエリアでも使用可能と思われます。Wi-Fiでは5GHz帯(IEEE892.11a/n)とドラフトIEEEE802.11acに対応しています。

Nexus 5のラインアップは、ストレージ容量別に16GBモデルと32GBモデルの2種類。カラバリはブラックとホワイト(パンダカラー)。日本における販売価格は、16GBモデルが39,800円、32GBモデルが44,800円。


  • OS:Android 4.4(KitKat)
  • 本体サイズ:137.84 x 69.17 x 8.59mm、質量130g
  • ディスプレイ:5インチ、解像度1,920 x 1,080ピクセル(フルHD)、ゴリラガラス3搭載
  • プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコア
  • GPU:Adreno 330
  • メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ16GB/32GB、MicroSDスロット無し
  • カメラ:背面に800万画素CMOS(AF、光学手ブレ、LEDフラッシュ、1,080p動画撮影対応)、前面に130万画素CMOS
  • 対応周波数:GSM(850、900、1800、1900 MHz)、WCDMA(850、900、1700、1900、2100 MHz)、LTE(800、900、1800、2100、2600)
  • パケット通信:2G GPRS/EDGE、3G DC-HSDPA 42Mbps、LTE cat 4 150Mbps
  • 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC(Type-A/B)、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、ワイヤレス充電(Qi準拠)
  • バッテリー:2,300mAhリチウムポリマー(交換不可)
  • 外部端子類:SlimPort HDMI、microUSB、3.5㎜オーディオジャック
  • センサー類:加速度、ジャイロ、近接、ライト、気圧、デジタルコンパス、GPS/A-GPS
Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5