ブートローダーロック済みのXperia Z1とXperia Z Ultraにカスタムリカバリ(ClockworkModとTWRP)を導入する方法

投稿日時 11月 17th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。



Xperia Z1とXperia Z Ultraにおいて、ブートローダーのロック状態でもClokworkModリカバリとTWRPのカスタムリカバリを利用する方法を紹介します。

今回はXDA Developersで配布されているSnapdragon 800端末用のデュアルリカバリパッケージを利用します。ここで紹介する手順ではリカバリを書き換えるのにroot権が必要になるので、事前に端末をroot化しておく必要があります。ここではroot化されていることと、Windows PCを利用することを前提にして手順を紹介します。

STEP1:XDA Developersのスレッド経由で「XZU-recovery4-Windows.zip」をPCにダウンロードします。

STEP2:Xperia Z1またはXperia Z UltraのUSBデバッグONにした後、PCとUSBケーブルで接続します。

STEP3:ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、フォルダ内の「RUN.bat」をダブルクリックして実行します。

STEP4:SuperSUを利用している場合は「1」を、SuerUserを利用している場合は「2」を入力します。すると、リカバリの導入が開始されます。



STEP5:処理が完了した後は、端末がリブートします。起動中のSONYロゴで端末が一度ブルっと震えたらボリュームボタンアップまたはボリュームダウンのどちらかを連打してリカバリを起動します。今回紹介した手順では、ボリュームアップボタンを連打すると「ClockworkModリカバリ」が起動し、ボリュームダウンボタンを連打すると「TWRP」が起動します。

ClockworkModリカバリ


TWRP


Source : XDA Developers

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5