台湾MediaTekが8コアCPUを搭載した新型スマートフォン向けSoC「MT6592」を正式発表

投稿日時 11月 20th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



台湾の半導体メーカー MediaTekは11月20日、同社初の8コアCPUを内蔵した新型スマートフォン向けプロセッサ「MT6592」を正式に発表しました。

MT6592はアプリケーション・プロセッサと通信用モデムを1チップに統合したスマートフォン用のSoCです、TSMCの28nm-HMPプロセスの下で製造されます。CPUは低消費電力型のARM Cortex-A7を8基搭載。CPUクロック数は最大2.0GHz。ARM big.LITTLE MP技術で各CPUコアが全て稼働する仕組みを採用しており、同社はMT6592を真のオクタコアアーキテクチャーを実現した世界初のモバイル向けSoCとしています。

GPUは4コアのARM Mali-450MP4を採用しており、最大1,920 x 1,080ピクセルのディスプレイ、H.264フォーマットの4KウルトラHD動画のデコード、H.265やVP9といった新フォーマットの動画デコードをサポート。また、ハイレゾオーディオの再生やMHL 2.0、1,600万画素のプライマリカメラ、映像のフレームレートをCPUの負荷に応じて24/30/60fpsの間で自動的に最適化する「ClearMotion」機能を搭載しています。

通信関連はIEEE802.11n、Miracast、Bluetooth、GPS、FMチューナーをサポートしたコンボチップと、GSM/WCDMA/HSPA+/CDMA2000/TD-SCDMAをサポートしたマルチモードモデムを内蔵。もちろんデュアルSIMもサポートしています。

MediaTekの発表によると、LenovoやZTE、Huawei、Coolpad、Xiaomi、Intexなどの中国メーカーからMT6592を搭載したスマートフォンが発売される予定です。年内中に発売される機種の多くはAndroid 4.3(Jelly Bean)を搭載しますが、2014年早々よりAndroid 4.4(KitKat)を搭載した機種も発売されるとのことです。ちなみに、中国Intex社よりMT6592プロセッサを搭載した初のスマートフォンが本日より発馬いされるそうです。

Source : MediaTek

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5