小米科技、Snapdragon 800を搭載したMi3 WCDMA版を12月31日に発売、価格は1,999元(約34,000円)

投稿日時 12月 28th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



中国 小米科技(Xiaomi)が同社の最新フラッグシップスマートフォン「Xiaomi Mi3」のWCDMA対応版を12月31日に発売すると発表しました。

Mi3は今年10月よりそのGSM/TD-SCDMAに対応した‟中国移動版”のみ販売されており、同時に発表されたGSM/WCDMA対応の”中国聯通版”はしばらく待ちの状態でした。その中国聯通/WCDMA版が12月31日に発売されるわけです。

Mi3 中国聯通/WCDMA版は、5インチ1,920✗1,080ピクセル(441ppi)のシャープ製液晶、Snapdragon 800 MSM8974ABプロセッサ、2GB RAM(LPDDR3)、16GB/64GBストレージ、3,050mAhバッテリーなどを搭載。カメラは背面に1,300万画素のExmor RS(F2.2 28mmレンズ、デュアルLEDフラッシュ、動画は最大1080p)と前面に200万画素のExmor R(F2.2 32mmレンズ、動画は最大1080p)を搭載。その他、USB-OTG機能、Immersionのハプティック(触覚)フィードバック機能なども搭載しています。

12月31日に発売されるのは16GBモデルのみ。価格は既存のTD版と同じ1,999元(約34,000円)です。このスペックを考えると非常に安いですね。OSはAndroidベースのMIUI V5を搭載します。

Source : 小米科技

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5