中国独自のオペレーティングシステム「Chinese Operating System(COS)」が発表

投稿日時 1月 18th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



中国・北京で今週水曜、「Chinese Operating System(COS)」と呼ばれる中国独自のオペレーティングシステムが発表されました。

COSは、中国科学院と上海聯彤網絡通讯技術によって開発されたLinuxベースのOSです。ターゲットは主に一般消費者向けのスマートフォンやタブレット、PCなど。この市場では、GoogleのAndroidやMicrosoftのWindows、AppleのiOSが主流となっていますが、COSは中国市場におけるそれらの代替となるべく開発されています。

COSでは、JavaアプリとHTML5アプリがサポートされており、現在のところ、10万のアプリが利用できるとされています。また、より中国のセキュリティ要件に適合する仕様のほか、中国ユーザー向けのローカライズも万全だとされています。

発表時にはHTC OneにCOSをインストールしたデモ機が展示されていたようです。HTC自身はCOSにおける取り組みに関する公式発表を行っていませんが、以前より中国独自のOSを採用した機種を投入すると伝えられています。

Source : ニューヨークタイムズEngadget

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5