QualcommがLTE-Advanced Category 6対応の64bitプロセッサ「Snapdragon 810/808」を発表(更新)

投稿日時 4月 7th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

米Qualcommは4月7日、同社のモバイル向けプロセッサ「Snapdragon」ファミリーの新シリーズとなる「Snapdragon 810」と「Snapdragon 808」を正式に発表しました。

Snapdragon 810/808は、Snapdragonファミリー最上位の「Snapdragon 800」シリーズに属する製品で、Snapdragon 800シリーズでは初となる64bit対応プロセッサです。また、下り最大300MbpsのLTE-Advanced Category 6の第4世代Gobiモデムとの互換性も持っています。

どちらもサンプル出荷は2014年後半より開始され、搭載製品は2015年上半期に発売される見込みです。年内に出荷されるSnapdragon 805の後に登場することになると思います。2015年のハイエンドモデルではこれが主流になりそうです。

Snapdragon 810はこれまでに発表された中でも最上位のSoCです。
  • CPUはARMv8-AのCortex-A57×4+Cortex-A53×4
  • GPUはAdreno 430(Adreno 420比では30%グラフィックス性能向上、100%gpgpu性能向上、20%省電力化)
  • LPDDR4 RAMをサポート
  • 4Kディスプレイ(3,840×2,100ピクセル)をサポート
  • 最大4K(2160p)@30fpsの動画撮影や最大1080p@120fpsのスローモーション撮影をサポート(ジャイロスタビライゼーションと3Dノイズリダクション機能も追加)
  • 14-bitのデュアルISPs(Image Signal Processors)では1.2GP/sのスループットを発揮、最大5,500万画素プライマリカメラをサポート
  • HDMI1.4経由の4K出力をサポート
  • 2X2 MIMO Wi-Fi acをサポート
  • Bluetooth 4.1、USB 3.0、NFC、Qualcomm IZatをサポート
Snapdragon 808はSnapdragon 810の下位モデルになります。
  • CPUはARMv8-AのCortex-A57×2+Cortex-A53×4
  • GPUはAreno 418(Adreno 330比で20%グラフィックス性能向上)
  • メモリインタフェースはLPDDR3まで
  • 2K(2,560×1,600ピクセル)のディスプレイをサポート
  • 12bitのデュアルISPs(Image Signal Processors)を搭載
  • HDMI1.4経由の4K出力をサポート
更新:Snapdragon 810の一つは「MSM8994」Snapdragon 808の一つは「MSM8992」。どちらも20nmプロセスを採用しています。



Source : Qualcomm

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5