Xperia Z2に搭載された「デジタルノイズキャンセリング」機能を使い方と合わせて紹介

投稿日時 4月 13th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Sony Mobileの新フラッグシップスマートフォン「Xperia Z2」にはXperiaスマートフォンで初めてデジタルノイズキャンセリング機能に対応しました。この記事ではその機能を利用する方法を紹介します。

Xperia Z2に搭載されたノイズキャンセリング機能は、ヘッドホン経由で音楽やオーディオブックなどを視聴している際に、周囲の騒音をヘッドホンのマイクが拾って内部でそれを打ち消す音波を発生させて視聴している音をクリアにする機能です。音質自体を変える機能ではありません。ただし、機能を利用するにはマイク内蔵の対応ヘッドホン/ヘッドセットが必要になります。

Xperia Z2の台湾モデルには「MDR-NC31EM」という単体でも販売されているノイズキャンセリング対応のヘッドセットが付属していましたが、台湾以外のモデルにも付属するのかどうかは確認していません(たぶん、付属していると思います)。

ノイズキャンセリング機能の設定方法を説明します。まずは、「設定」→「音設定」→「オーディオアクセサリー」をタップし、「Xperia用ノイズキャンセリングヘッドセット」を選択します。



次に、ヘッドホンを接続し、「サウンドエフェクト」→「ノイズキャンセル」をタップして「ON(自動)」または「ON(常時)」を選択します。その後、「ノイズ環境設定」で利用する環境を「電車・バス」、「航空機」、「室内」から選択します。



準備は以上で完了です。後は音楽などを再生します。

ノイズキャンセリング機能を有効にすると通知パネルにノイズキャンセル用のショートカットが表示されるようになります。このショートカットでは、ノイズキャンセリング機能のON/OFFを切り替えたり、サウンドエフェクトの設定画面を開くことができます。結構便利ですね。



ノイズキャンセリング機能の効果は環境によって大きく変わってくる思いますが、電車や飛行機などの一定の騒音が発生する環境では確実に効果を体感できると思います。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5