HTCの新型Android端末「Bravo」もいいけど、「Legend」もイイ!

投稿日時 12月 15th, 2009 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。

先週末、HTCの2010年度にリリース予定の新型Android端末5機種が発表されました。この中で、2010年春ごろにソフトバンクが取り扱う予定(?)のモンスター級のAndroid端末「Bravo」が注目を浴びています。
そりゃ~、今、Googleが”Nexus One”と言うこれまたモンスター級端末を早ければ2010年1月初旬にリリースすると言われており、それとこのBravoが”同じ?”と言われているくらいですからね。

そんなGoogle Phone祭りの中、ひそかに注目を集めているのが、同じく2010年3月発売予定とされている『Legend』です。

Legend・・・と聞くとGarmin eTrex Legendを思い出すのですが、それは置いといて、スペックから見ていきましょう。

  • サイズ:112 x 56.3 x 11.5 mm
  • ネットワーク:WCDMA/HSPA: 900/2100 MHz; GSM/GPRS/EDGE: 850/900/1800/1900 MHz
  • OS:Android 2.x
  • ディスプレイ:3.2 inch HVGA AMOLED capacitive touchscreen
  • カメラ: 5 megapixel with auto focus, LED flash
  • メモリ:512 MB flash ROM, 256 MB RAM
  • チップセット:Qualcomm MSM7227 600 MHz
  • バッテリー:1300 mAh
  • その他:microSD, WLAN, Bluetooth 2.1 with EDR, GPS/AGPS, G-sensor, digital compass, FM radio, optical mouse, 3.5mm audio jack, microUSB, Footprints II, People II
と、一見、HTC Heroと似たものじゃないか?思われるのですが、ちょこちょこ新しくなっていますね。

特出すべき点としては、
  • 有機ELディスプレイ
  • Qualcomm MSM7227 600 MHz
  • optical mouseの搭載
と言ったところだと思います。

この中でも、新たにQualcomm MSM7227 600 MHzに注目が集まっているようです。
CPU的には600MHzと、HT-03AやHTC Hero、HTC Tattooなどに搭載されている528MHzよりも若干上がったくらい、だと言う認識だったのですが、それだけではないようでクロックが上がったにもかかわらず消費電力が低いと言うのがこのチップセットの特徴で、しかも安いスマートフォン向けに作られていることで低価格というのです。

バッテリーは1,300mAhを搭載していることからHT-03Aよりも少ない容量なのですが、チップセットの省電力化でもしかするとHT-03Aよりも長い待受け時間となるかもしれません。

有機ELディスプレイは置いといて、”optical mouse”って何ですか?さりげなく紹介されていたものなのですが、これは初めて聞く機能ですね。トラックボールの代わりに使うものなのでしょうかね。これは私もどんな動きをするのかよく分かりませんでした。

その他、FMラジオ、3.5mmオーディオジャック、各種センサー類も搭載されていおり、機能的には文句なしだと思います。

それでもって、3.2インチの大きさです。
個人的には3.2インチまでの大きさのディスプレイを持つ端末が、片手操作のしやすさの限界だと思っているので、携帯電話を使っていて片手操作に慣れているユーザにはすんなり受け入れてもらえると思っています。

おそらく来年のAndroid祭りは、このHTC Legendがコストパフォーマンスのよさでかなり普及すると思います。iPhoneよりも若干もっさりだけど、HT-03AやHeroよりもサクサクドロイド。さらに価格も低い、片手操作しやすい。など。

あ、サイズ的にはHT-03Aよりも若干分厚くなるようですが、全体的な大きさはほとんど変わりません。

国内キャリアのどこかが取り扱うと思いますけどどね。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5