NTTドコモ、最大輝度1,000カンデラのホワイトマジック液晶を搭載した「ARRWS NX F-05F」を発表、新しい日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」も搭載

投稿日時 5月 14th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



NTTドコモは5月14日、ドコモスマートフォンの2014年夏モデルとして、富士通製Androidスマートフォン「ARROWS NX F-05」を発表しました。発売予定日は2014年5月下旬です。

「ARROWS NXシリーズ」の最新モデルとなる今回のF-05Fは、5インチ1,920×1,080ピクセルのホワイトマジック液晶ディスプレイやSnapdragon 800 MSM8974AB 2.26GHzクアッドコアプロセッサを搭載した大画面・ハイスペックモデル。

この機種には富士通とジャストシステムが共同で開発した”スマートフォン史上最高レベル”を謳う新しい日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」がプリインストールされています。これだけも購入する価値はありますね。

液晶パネルには従来の赤(R)緑(G)青(B)に、白(W)の画素を追加したホワイトマジック技術が適用されており、最大輝度が1,000カンデラに向上(F-01Fは800カンデラ)し、さらに直射日光下での視認性が向上しました。また、3,200mAhの大容量バッテリーを搭載しており、フル充電で3日は持つとされています。実使用時間も夏モデルの平均以上となる88.2時間です。

カメラは背面に2,070万画素のExmor RS for Mobileを搭載。画像処理エンジン「GRANVU」と暖色フラッシュとの組み合わせによって、より色みの深い写真撮影が可能だと言われています。また、Wi-Fiと3G/LTEを束ねて同時に通信する「マルチコネクション」に対応、背面には指紋センサー付き電源ボタンを搭載しています。

  • OS:Android 4.4(KitKat)
  • サイズ:140mm × 69mm × 10.4mm、質量159g
  • ディスプレイ:5.0インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Full HD)、TFT液晶(ホワイトマジック)、1,677万色
  • プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AB 2.26GHzクアッドコア
  • GPU:Adreno 330
  • メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB
  • 外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB)
  • リアカメラ:2,070万画素(裏面照射型CMOS)
  • フロントカメラ:130万画素(裏面照射型CMOS)
  • FOMAハイスピード(HSPA):下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps
  • Xi(LTE):下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
  • 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯)、Bluetooth v4.0、NFC(TypeA/B、FeliCa)、Wi-Fi Direct、DLNA(DTCP-IP対応)、赤外線通信
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、micro USB(MHL対応)
  • センサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、近接、ジャイロ、指紋、GPS/A-GPS、GLONASS対応
  • バッテリー:3,200mAh(急速充電2対応)
  • 緊急省電力モード:○
  • 実使用時間:88.2時間
  • カラー:ゴールド、ホワイト、レッド
  • spモード:○
  • spモードメール:○
  • ドコモメール(クラウド):○
  • おサイフケータイ:○(FeliCa、NFC)
  • かざしてリンク:○
  • ワンセグ:○
  • フルセグ:○
  • モバキャス(NOTTV):○
  • 赤外線通信:○
  • 防水:○(IPX5/X8)
  • 防塵:×
  • テザリング:○(Wi-Fiは最大10台)
  • おくだけ充電:×
  • VoLTE:○
  • WORLD WING:○「
Source : NTTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5