「Galaxy Gear」のファームウェアは今後Tizenベースに刷新される予定、デモ動画も公開

投稿日時 5月 15th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Samsungが昨年秋に発売した同社製スマートウォッチ第1弾「Galaxy Gear」のファームウェアはAndroidをベースに作成されましたが、今後のアップデートで「Gear 2」や「Gear 2 Neo」などの新型スマートウォッチと同様にSamsungが主導で開発を進めている独自OS「Tizen」に変わることが判明しました。

英国のWEBサイト TechRadarがSamsungの広報担当者よりその情報を得たと伝えた後、SamMobileが現在開発されているというテストビルドを搭載したGalaxy Gearのデモ映像を公開しました。

上図左端のスマートウォッチがTizenにアップデートされたGalaxy Gearでホーム画面などがGear 2シリーズと同じ内容に変わっています。ハードウェアに関する部分を除いて(WatchOnや心拍数測定など)機能面
はGear 2シリーズと同等に刷新されるということなのでしょう。スマートウォッチとはいえ、OSが全く別モノに変わる製品というもの珍しいですよね。Galaxy Gear用のTizenアップデートが開発されていることは確かなようですが、残念ながらその配信時期はまだ明らかになっていません。



Source : SamMobile

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5