Galaxy SとiPhone 4であたかもFaceTimeのようにビデオチャットができる「Tango」

投稿日時 10月 26th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
コメントは受け付けていません。

Galaxy S(GT-I9000)には端末前面にカメラが搭載されており、Galaxy Sにインストールされている電話アプリにもビデオチャットのオプションが用意されているので、Galaxy S同士であればWi-Fi、3G経由でビデオチャットを行うことができます。

ただ、それだとGalaxy S同士でしかビデオチャットができないため、Android、iPhone用に提供されているボイスチャット、ビデオチャットアプリ「Tango」を使うとGalaxy SとiPhoneのある意味FaceTime通話が楽しめます。

Tangoを使ってボイス、ビデオチャットをするには、通話相手の端末にもTangoアプリがインストールされていなければならないのですが、発信する時には相手の電話番号を利用し、つながったら後は3G、4G、Wi-Fiを使うので無料で楽しめます。

ちょうど手元にGalaxy SとiPhone 4があるので実際に試してみました。

Tangoの設定は、アプリを起動した後「Settings」タブ→「Profile」から自分の電話番号、名前、メールアドレスを登録しておくだけです。iPhone用Tangoも同じ感じ。

自分の電話帳に登録されているユーザにTnagoがインストールされていれば、「Contacts」に表示されます。

後は、相手に電話をかけるだけ、

繋がった際はボイスチャットモードとなり、「T」か書かれたアイコンをタップすることでビデオチャットモードになります。画面上部にフロント・リアカメラを切り替えるボタンが付いていますのでお好みで調整してください。

iPhoneともビデオチャットができますが、もちろんAndroid同士でもできます。Nexus Oneなどフロントカメラを搭載してないモデルでも利用可能です。(対面チャットはできませんけどね。)

Tango

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5