Google、Androidスマートフォンと連携する自動車向けAndroid OS「Android Auto」を発表、OAAメンバーが40社に増加

投稿日時 6月 26th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



GoogleがGoogle I/O 2014カンファレンスでOAA(Open Automotive Alliance)で開発された自動車向けのAndroid OS「Android Auto」を正式に発表しました。

Android Autoは、日々のドライブを安全かつ操作をシンプルにするAndroidベースのプラットフォームです。基本的にはダッシュボードに据え付けられているAndroid Auto搭載の車載システムとドライバーのAndroidスマートフォンをリンクさせて利用します。

Android AutoではAndroid WearのAPIも活用しているそうなので、Androidスマートフォン・タブレット向けのアプリでも容易にAndroid Autoにも対応できるとされています。また、開発者向けにはAndroid Auto SDKも提供される予定です。

Android Autoで重視している機能は、地図・ナビゲーション、音声操作・読み上げ、音楽などのマルチメディア機能、通話機能の4点になるようです。



AndroidスマートフォンをAndroid Autoに接続して利用を開始。



UIの作りはこんな感じ。音声で機能を呼び出したり、検索することができます。下部にはよく利用する機能のショートカットボタンが表示されています。音声検索などを行った際の結果は画面中央に表示されます。



音声検索・操作の実行画面。



アプリは独自のUIを採用しており、タッチでも操作できます。



Android Autoの重要な機能となるGoogleマップは通常版とは違って音声操作に完全対応。







Android Auto SDKも提供される予定(リリース時期は不明)。



Android Autoアプリを提供する予定のベンダー。



OAAには現在までに40社が参加。Acura、Alfa Romeo、Bentley、Chevy、Chrysler、Dodge,、ホンダ、ヒュンダイが年内にAndroid Auto対応車を発売する予定らいし。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5