Android “L”はBluetooth Low EnergyのPeripheralモードをサポート、Android端末をセンサーデバイスにしてデータを別のAndroid端末に転送するようなことも可能に

投稿日時 7月 6th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


Google I/O 2014で発表されたAndroidの新バージョン「Android “L”」はBluetooth Low Energy(v4.0)のPeripheralモードをサポートしているそうです。

Bluetooth Low Energyはウェアラブルデバイスなどで採用の進んでいる消費電力の低いBluetooth規格のことで、従来のAndroidはBluetooth機器のマスターとしてしか機能しませんでしたが、Peripheralモードをサポートしたことで、ウェララブルデバイスのようにマスターにデータをブロードキャストするスレーブとしても機能するアプリを開発できるようになります。

これで端末のデータを別のAndroidスマートフォン・タブレット、PCなどにBluetooth LE経由で転送できるようになります。

活用例としては、Android端末を歩数計にして別のAndroid端末に所得した歩数データを転送することや、AppleのiBeacon規格もPeripheralモードを利用しているので、iBeaconと同様にユーザーが街中のビーコンに近づくと広告やクーポンなどを配信したり、屋内における位置測位サービスを開発することも容易になると思います。

Source : Android Developers Blog

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found