LG、LG G3の筐体デザインを採用したミッドレンジモデル「LG G3 Beat」を発表、明日より韓国で発売

投稿日時 7月 17th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



LGは7月17日、メタリックスキンカバーと背面ボタン​​などのプレミアムデザインを採用したミッドレンジモデル「LG G3 Beat」を正式に発表しました。LG G3 Beatは韓国で7月18日に発売された後、CIS加盟国、欧州、アジア、中南米でも発売されます。グローバルモデルですね。

LG G3 Beatは、簡単に言えば今年のフラッグシップモデル「LG G3」の小型版です。LG G3の筐体デザインはそのままに、ディスプレイと筐体サイズを縮小し、LG G3の特徴的な機能を搭載しています。内部仕様はかなり下がっていますが、外観はLG G3そのままといった内容です。

ディスプレイは5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶を採用。筐体サイズは137.7×69.6×10.3mm、質量は134gです。カラバリはメタリックブラック、シルクホワイト、シャインゴールドの3色となっています。

LG G3 Beatの主要スペックは、Snapdragon 400 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM / 8GB ROM(Micro SD最大32GB)、背面に800万画素カメラ、前面に130万画素カメラ、2,610mAhバッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、T-DMB(韓国モデルのみ)、GPS/GLONASSに対応。セルラー機能ではGSM/WCDMA/LTE(Cat 4)に対応しています。

OSはAndroid 4.4.2(KitKat)で、LG G3と同じUIを搭載しています。また、LG G3初導入のレーザーオートフォーカス(AF補助機能)やスマートキーボード、キルスイッチも搭載。このほか、LGイチオシのロック解除システム「ノックコード」もサポートしています。

Source : LG

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5