国内4社(ソニー、パナ、JDI、INCJ)が有機ELディスプレイの新会社「JOLED」を設立へ

投稿日時 7月 31st, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


ソニー、パナソニック、ジャパンディスプレイ(JDI)、産業革新機構(INCJ)の4社が有機ELディスプレイに特化した新会社「株式会社JOLED(ジェイオーレッド)」を設立することで合意したと発表しました。

有機ELディスプレイ市場で圧倒的なシェアを誇る韓国Samsung Displayに日本勢の総力を結集して対抗しようとしているみたいですね。JOLEDでは主にタブレットやノートPC向け、デジタルサイネージ向けに有機EUディスプレイを開発することを当初の目標としており、その後はフレキシブルタイプの有機ELディスプレイも手がけて行く予定としています。

出資比率に基づく議決権は、INCJが75%、JDIが15%、ソニーとパナソニックがそれぞれ5%ずつ。JOLEDは当局の承認等を経て2015年1月に発足する予定です。当面は研究開発を進め、製品化の目処が立ったところでINCJとJDIからの追加出資を含む支援でパイロットラインを構築する予定としています。JOLED製パネルの出荷時期は公開されていません。また、経営陣も現在選定中としており決定していません。

Source : ソニー

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5