Samsung Gear SにはNike+ Runningアプリが標準搭載。スマートフォン要らずでワークアウトデータを取得可能

投稿日時 8月 30th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。


Samsung は 8 月 29 日、Nike と提携して、同社の新型スマートウォッチ「Gear S」用の Nike+ Running アプリを開発し、Gear S にプリインストールしたことを発表しました。

Nike+ Running は以前より Andrid / iOS アプリが提供されているのですが、ランニングデータを取得するにはスマートフォンを持ち運ばなければなりません。そこで、Gear S を利用すれば、その必要がなくなるというわけです。

Gear S には GPS と 3G データ通信機能が備わっており、GPSによるワークアウトデータ(移動距離、ペース、ラップ、スピードなど)のトラッキングに加え、3G データ通信機能により Facebook ユーザーからの声援をリアルタイムに確認することができます。

Gear S は単体でネットに繋がるので、ワークアウトデータは Gear S から直接クラウドにアップロードされます。もちろん、過去のワークアウトデータも一部は閲覧できます。さらに、Gear S には音声通話機能もあるので、スマートフォンがなくても外部との通話・通信も可能です。

私もそうですが、手ぶらで走ることを好むランナーにとってスマートフォン用のランニングアプリが普及してきた中でもスマートフォンを持ち運ぶことを負担に感じてしまい、従来のGPS ウォッチを使い続けている方は多いはず。Gear SとNike+ Runinng の場合だと、スマートフォンいらずになるので、Gear S はランナーにとっての理想的なスマートウォッチの一つだと思います。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5