Xperia Zシリーズ用のCyanogenMod 11でカーネルのアップデートが実施、Moto XのROMも共通化される

投稿日時 9月 13th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。


Android ベースのカスタム ROM「CyanogenMod」の開発チームが、Xperia Z シリーズ用の CyanogenMod 11 のアップデートと Moto X 用のROMを共通したことを発表しました。

Fusion3 プラットフォームを採用した Xperia Z シリーズ(Xperia Z / ZL / ZR / Tablet Z)のROMは最近開始された Android 4.4.4 へのアップデート(10.5.A.0.230)に伴いオープンソース公開されたカーネルソースを用いてビルドされるようになりました。Android 4.4.4に最適化したカーネルなので、Android 4.4.4ベースのCyanogenMod 11においても性能が向上したとされています。

Moto X 用の ROM の共通化については、これまで「moto_msm8960」、「moto_msm8960_jbbl」、「moto_msm8960dt」の 3 つに分けて配信されていましたが、これらが“ghost”に統合され、全ての Moto X で同じ ROM を使えるようになりました。

これらの変更は9月11日付けのNightlyビルドで行われています。

Source : CyanogenMod Blog

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5