Tegra2、1GBメモリ搭載Notion Ink Adamタブレットの公式WEBサイトが公開

投稿日時 11月 23rd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


本日正式にインドNotion InkのAndroidタブレット「Adam」の公式WEBサイトが公開されたようです。

昨日も同じURLで別の全面Flash仕立てのコンテンツが表示されていましたが、現在は上図のように変わっています。

Notion Ink Adamタブレットの特徴は下記の仕様から分かるようにハイスペックであること、スタンドアロン(PCとのシンク機能無しでも)での利用を想定し、独自カスタマイズされたソフトウェアを搭載していること、WEBカメラとしても使える180度回転式カメラを持つこと、そして消費電力の低い電子ペーパーモードとカラーモードを切り替えて表示できるPixel Qi製デュアルモードディスプレイを採用していることが挙げられます。ディスプレイにはアンチグレアコーティングが施され、マット仕上げとなっており指紋が付きにくく、キズにも強いと言われています。

  • 筐体サイズ:158mm(H)×239mm(W)×14mm(D)、重さ600~650g
  • ディスプレイ:10.1インチWSVGA(1,024×600)、Liquid Crystalディスプレイ(アンチグレアコーティング)、マルチタッチ、静電容量式
  • CPU:NVIDIA Tegra250 “Tegra2″ デュアルコアARM Cortex A9
  • メモリ:DDR3 1GB
  • ストレージ:1GBのROM(SLCタイプ)、16/32GBのeMMCフラッシュメモリ
  • カメラ:3.2MP、オートフォーカスSwivelカメラ(フロント/リアカメラとして使える180度回転式)
  • 通信:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、3G(HSDPA)
  • センサー:三軸加速度センサー、ライトセンサー、A-GPS
  • 外部接続:フルサイズUSB×2、ミニUSB×1、HDMI、マイクロSDスロット、SIMカード、DCコネクタ、ドッキングポート、3.5mmオーディオジャック、マイクジャック、
  • バッテリー:3セルスタンダードバッテリー、24.6wh、電子ペーパモードで160時間、カラーモードで6.5時間ほど利用できる。
  • その他:2つのスピーカー、マイク、背面トラックパッド、ボリュームキー
Via:SlashGear

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5