CyanogenMod 12などで必要になるAndroid 5.0用のGAppsがリリース

投稿日時 11月 16th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



一部のカスタム ROM で Google サービス・アプリを利用するのに必要になる「GApps」。そのAndroid 5.0(Lollipop)版がリリースされました。


GApps は Google サービスや Google アプリを利用する上で必要になるファイルを Flash 可能な パッケージ化したものです。CyanogenModやこれをベースにしたカスタム ROM でGoogleアプリを利用する場合は必須アイテムになります。


通常、GApps は OS バージョンごとに提供されているので、Android 5.0 でも専用の GApps を用意しなければなりません。Android 5.0 用は、アプリ UI が Material Design 化された最新バージョンを含んでいます。

Source : basketbuild(2014年11月9日時点のGApps)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5