HTC REカメラのタイムラプス撮影機能でいろんなシーンを定点観測

投稿日時 12月 26th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。



HTC の防水アクションカメラ「HTC RE」では、一定間隔で撮影した静止画をつなげて 1 本の動画にするタイムラプス撮影を行うことができます。HTC RE はマウンタによって様々な場所に設置できることから、スマートフォンよりもタイムラプス撮影が利用しやすくてお勧めです。



タイムラプス撮影は、定点観測や監視カメラといった用途でよく利用されています。例えば、空模様の移り変わりや単純な防犯カメラとしての撮影。また、動物のケージなどに取り付け、人がいない場合の生態を確認することや、ベッド付近に HTC RE を設置して自分の寝相を確認すること(実際にこれをしている人もいます)も行えます。


タイムラプス撮影は HTC RE アプリで行います。HTC RE のボタンではできません。アプリのファインダー画面を表示すると 3 つの撮影方法を選ぶことができますが、右端のタブがタイムラプス撮影用です。



HTC RE のタイムラプス撮影を行う前にパラメータを調節します。画面左下の時計アイコンをタップし、撮影間隔(秒 / 分 / 時間)、撮影時間(秒 / 分 / 時間)、フレームレート(30fps / 10fps)を決めます。すると「ビデオは」の欄に秒数が表示されます。この秒数は上記パラメータに基づく完成動画の長さです。決まったら「OK」をタップして前の画面に戻り、アプリのボタンを押して撮影を開始します。



あとはHTC REを放置しておきます。


風景画ですが、サンプル動画です。


5 分間隔で 5 時間撮影(30fps)※これは短すぎですよね。アップロード時の設定ミスでこうなりました。


30 秒間隔で 1 時間撮影(10fps)。


関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5